アボカドは脂質とミネラルをたくさんふくんだ高栄養食品

昨日、久しぶりにアボカドを買ってきました。
店頭でみたら無性に食べたくなったんです。

あのイエローの濃厚な果肉
まろやかでいながら濃厚で口のなかでとろける食感
想像しただけでもうヨダレがでてきそうです!

天然塩をかけたり、
ときにはオリーブオイルとレモン
タコと一緒にシーフードサラダも美味しそう!

おやつ代わりに食べれば空腹も完全にみたされます。

美味しいものは栄養豊富といいますが
アボカドはまさにその言葉通り!
「各種ミネラルと良質な脂質」の多い
最高の栄養食品なのです。

アボカドは良質ミネラル・脂質・ビタミンEがふくまれた栄養食品

ビタミンEは女性にかかせない栄養素である

このアボカド、実はビタミンEもふくまれています。

ビタミンEが健康によいことはすでにご存じの方も多いかもしれません。
ところが、それだけではないんです。

ビタミンEは女性にかかせない栄養素なんです。

ビタミンEとホルモンバランス

ビタミンEはホルモンバランスを整える作用があります。

  • 妊娠率アップ
  • 生理痛や生理不順の改善

こうした働きが期待できます。

男性ホルモンも同じように整えてくれるので

  • 精子数アップ
  • 精子の運動量をあげて受精の確率を上げる

精子数が増えてとても活発になるのです。

不妊症は男女のどちらにも原因がある可能性がありますから、不妊症に悩む場合は夫婦でビタミンをとることが大切です。

女性だけががんばって解決するわけではありませんので、男性の理解と協力が必要であることを世の中の男性はよく肝に銘じてほしいですね。

あなたの親や先祖も、なんらかの形でビタミンEの力をかりて命のリレーを続けてきたのです。

このようにビタミンEは不妊に悩む夫婦には必須の栄養素であり、どんな人にも必要なものと考えてください。

ビタミンEは妊娠率を上げる、不妊症にかかせない栄養素

ビタミンEと亜鉛の組み合わせで相乗効果

また、不妊症などでビタミンEをつかうときは、亜鉛とセットでとることで相乗効果が期待できます。

なぜなら、亜鉛は精子の数をふやしたり卵子の着床率を上げる働きがあるからです。

このように組み合わせで大きな効果が出るものがたくさんありますから、少しずつおぼえていってくださいね!

ビタミンEの働き

ビタミンEのすべての働きを知りたいと思いませんか?

もちろんすべてご紹介します!

その多彩な働きは健康系から運動系までありビタミンEが人間にとっていかに大切な栄養素であるかを物語っています。

 

抗酸化

活性酸素を抑制し老化・病気を防止

美肌

細胞膜を修復することでシミやシワを防止し
美しくきれいな肌をたもつ
太陽からの紫外線による肌のダメージを防ぐ

抗ストレス

ストレスホルモン「コルチゾール」の生成に貢献
ストレスに対抗できる体を作る

血流改善

毛細血管を広げ、血流改善することで
肩こり・頭痛・冷えを防ぐ

肝臓を守る

コレステロールや中性脂肪が活性酸素によって酸化された
「過酸化脂質」を抑制し、肝臓の負担を減らす

瞬発力の向上

筋肉にクレアチンリン酸を蓄積させることで
瞬発力を向上させる

運動能力の向上

体内にとりこまれた不飽和脂肪酸が
活性酸素によって過酸化脂質となるのを防ぐことで
体内の酸素の浪費を低下させて
酸素を運動に多く使えるようになる

 

老化を防止し美しく力強い体と子孫を作るビタミン、それがビタミンEなのです。

ビタミンEが多くふくまれる食品

このビタミンEは
アボカドの他に、ナッツにも多くふくまれています。

植物油にもビタミンEを多くふくむものがおおいのですが、発がん性などの毒性があるものも多いためここでは安全なビタミンE食品のみをご紹介します。

ビタミンE食品ランキング

  1. アーモンド———-29.4mg
  2. あんきも————13.8mg
  3. すじこ————–10.6mg
  4. いくら—————9.1mg
  5. 焼たらこ————-8.1mg
  6. めんたいこ———–6.5mg
  7. モロヘイヤ———–6.5mg
  8. うなぎ—————4.9mg
  9. 大根葉—————4.9mg
  10. しそ——————3.9mg
  11. アボカド————–3.3mg

安全に食べられる食品の中ではアーモンドがダントツの1位!

アーモンドは食べすぎなければ、質のよい脂質・食物繊維もおおくおやつにも最適です。

上手に食生活に取り入れてみてくださいね。

アーモンドはビタミンEの王様

ビタミンEは脂溶性

ここで、ビタミンEが多くふくまれる食品名をみて思い当たることはないでしょうか?

ナッツ、アボカド、しそと共通している、ある物質。

それは、脂質です。

実はビタミンEは脂溶性で油にとけやすい性質をもっています。

だから脂質がたくさんふくまれたアボカド、ナッツにビタミンEが多くふくまれているんです。

しそ油もオメガ3たっぷりで人気がありますよね。

ですから、肉の脂・卵・しそ油・亜麻仁油など体にいい脂質とともにビタミンEをとることで吸収率が上がり効果は倍増します。

可能であればタンパク質もあるとさらに吸収率が上がるような気がします。(私の体感です)

ビタミンEは脂溶性

ビタミンEは保存料にもなる

また、抗酸化能力が高いので保存料としても使えます。

開封済みのオリーブオイルなどにビタミンEの液体をいれておくと保存料となるんです。

サプリでビタミンEを購入し、針などでカプセルを割って中の液体だけを絞り出して使えばお手軽な保存料のできあがりです。

かといってあまり長期間保存しておくのはおすすめできませんが。。

 ビタミンEは保存料として利用できる

ビタミンEを直接肌に塗る?ビタミンEオイルの効果は?

女性の間では、美肌や湿疹を消すためにビタミンEやビタミンEを直接肌に塗ることが行われています。

もちろん、効果はあると思います。

体内から皮膚に届けるか、直接塗るかは好きずきでいいと思います。

ですが基本的にはサプリでとることで皮膚だけの効果にとどまらずあらゆる体の抗酸化が可能です。

それを考えると経皮よりもサプリで飲んだほうが何倍もお得。

ひどい湿疹などがなければオイルを塗るまではしなくてもよいかと思いますが、一度試してみたくなるのが人間の性なんですよね…

こちらのビタミンEオイルはiherbの人気商品で、口コミもいいですから試してみる価値はあるかもしれません。

値段もお手頃ですし。

私も使ったことがありますが、寝る前に塗ると翌朝肌がしっとりしてきます。

 

ビタミンEオイル

 

ビタミンEのとりすぎは危険?

ビタミンEをとりすぎると危険

そんな意見をたまに目にしますが、結論からいうとそれほど気にしなくてよいと思います。

標準量である400〜800IUであれば安全です。

とくに400IUは全く問題ありません

問題がある場合は胃腸が弱いケースが多いです。

該当する人は胃酸がでているか、腸によくないものを食べすぎていないか注意してください。

またビタミンEをとる目的がはっきりしていない場合はおすすめできません。

栄養素は目的があってとるものです。

不必要な栄養の取りすぎは体に負担をかけるだけですから。。

ビタミンEがあなたの人生を変える

「ビタミンEで人生が変わるなんて大げさじゃない?」

あなたがそう思うのも理解できます。

でも美しい肌や女性らしい健康をたもてることは女性に新しいスタートを促すとは思いませんか?

美しくなったらより行動したくなるものです。

モテパワーを確認したいでしょうし。

冗談はさておき、ビタミンEにはそのくらいの働きがあるということです。

特に女性にメリットがおおいビタミンであると私は感じています。

広告

生理痛や肌荒れ、抗酸化力、体力不足に悩むすべての女性にビタミンEをとってもらいたいと思います。

ビタミンE100IU

 

ビタミンEを生活の中でとりいれる

甘い砂糖のお菓子ばかり食べていると眠くなるし体の栄養を浪費します。

たまにはナッツを食べてビタミンEをとれば、抗酸化も期待できて一石二鳥です。

もちろんアボカドもいいですね!

こうして生活の中でとりいれるビタミンEは量にしてみれば微量ですが、天然の栄養源として体の中で大切に使われます。

天然であることはとても大切なのです。

お子さんにもぜひおやつ代わりに食べさせてくださいね!

広告

女性むけの栄養素「ビタミンE」-美肌・抗酸化・女性ホルモン・妊娠の四冠王! 2| アラフォー女子健康カンリ

あわせて読まれている関連記事
広告