コブラは猛毒を持った恐ろしい蛇

コブラは熱帯を中心に生息する
猛毒を持った蛇

日本の陸地に生息するコブラはいませんから
心配はいりません。

本州南端の奄美大島など南洋諸島には
コブラ科の海ヘビが2種類ほど存在します
とはいえおとなしく毒量も少ないので
近づかない限り問題ありません

でもこうして話をしていても
「危険からの回避」が中心になってしまうほど
コブラとは危険を象徴した生き物ですね🐍

アラフォー女子-へび1

コブラのポーズは重要

生きたコブラは危険ですが
ヨガの「コブラのポーズ」はあなたの体にとって
とても重要な働きをします

コブラのポーズのやり方

  1. うつぶせに寝る
  2. 手のひらを下にして両手を肩の近くにおく
  3. 手で床をおしながらゆっくりおきあがる

ヨガの「コブラのポーズ」

このポーズは猫背に固まった背中をのばすのに最適
首も上を向くことで伸ばすことができます

コブラのポーズのをするときの注意点

一気に上まで上半身をあげようとせずに
最初は必ずゆっくり少しずつあげてください

だんだん慣れてきたら手を伸ばして
背中の反りを大きくしていったり
首もだんだんと上にあげていくとよいでしょう

背中・腰に不安がある場合「ベビーコブラ」のポーズ

腰痛があったり久しぶりに背中をそる場合
無理は禁物
コブラのポーズで
背中と腰をいためることもあります

そんな時はベビーコブラのポーズがおすすめ

やり方は
 「少ししか上半身をあげないコブラのポーズ」
とおぼえてください

ヨガの「ベビーコブラのポーズ」

ベビーコブラのポーズは
痛くない範囲でそっていきます

力まずにゆっくり呼吸しながらおこなってください
狭い範囲でも時間をかけてのばすことで
腰や背中がほぐれていきます

次はチャイルドポーズ

コブラのポーズに続いてチャイルドポーズを行います

  1. 正座する
  2. 両手を前にのばしながら頭を前にたおしていく
  3. 頭が床につくまで腕をのばす
  4. 頭を床につけたまましばらく深呼吸

ヨガの「チャイルドポーズ」

わかりやすくいえば
「平謝り」のようなポーズ

チャイルドポーズのポイント

ポイントは背中をしっかりのばすこと
両手をのばしたまま上半身を左右にゆらすと
肩甲骨もゆるめることができます

コブラとチャイルドを交互に

コブラのポーズとチャイルドポーズを
交互にくりかえすことで
腹部・背部の筋膜、脊椎、大腰筋などをまとめてほぐします

この運動は私も毎日のようにやっていて
その効果を日々実感しています
上半身の柔軟性を保つ上で欠かせない運動です

順方向・反対方向の繰り返し

順方向と反対方向をくりかえすことは
体をゆるめる上での基本

双方向で行うことで柔軟性が増し
ストレッチ効果もより高くなります

左右のゆがみもとれやすくなり
血流もより向上します。

コブラのポーズ+チャイルドポーズ
ぜひ取り組んでみてくださいね!

広告

コブラのポーズとチャイルドポーズ-腰痛・猫背が変わる2 | アラフォー女子健康カンリ

広告
あわせて読まれている関連記事
広告