大腰筋を左右にほぐして腰痛解消

自転車こぎで腰痛を解消する方法
あなたはまだ覚えていますか?

もしまだ読んでいなければ
今日のトピックとあわせると
効果が2倍になりますから
ぜひいますぐ読んでみてくださいね!

アラフォー女子-自転車2

自転車こぎでもとりあげましたが
「反り腰で長時間動かない」
ことで大腰筋がかたくなり
腰痛につながるとお話しました。

大腰筋・腸腰筋

自転車こぎは
大腰筋の「前後方向」の動きです。

しかし腰痛には色々なタイプがあります。

男性と女性で骨盤の幅がちがうように
大腰筋のこりも人それぞれです。

大腰筋を左右にほぐす「四股踏み」

今回は大腰筋を
「左右方向」にほぐす秘訣をお伝えします!

その秘訣とは
相撲でおなじみの
四股踏み(マタワリ)

大腰筋を左右にほぐす四股踏み

四股踏みは相撲の基礎であり
大関であろうと横綱であろうと
毎日くりかえす大事な動作です

立ち会いからぶつかっていく
相撲取りの強力なパワー

その安定した下半身の秘訣は
四股踏みに隠されていたのです

下半身の安定を生み出す四股踏み

足を開くことで生まれるパワー

相撲取りの立ち会いをよくみてください
みなつかみ合って足を開いた状態で
ふんばっています

下半身を安定させ強力な力をひきだすには
足を開いて大腰筋を左右に開くことが
かかせません

人間本来のパワーをひきだすためには
四股踏みが絶対に必要なのです。

四股踏みについてくわしく説明します

四股踏みのやり方

  1. 両足を大きく開いて腰をおとす
  2. 両手をひざの上におく
  3. 上体のみを横に移動し重心をずらす
  4. 上体をさらに横にたおしながら片脚を真上にゆっくり上げる
  5. 上体と脚をもどす
  6. 逆側も同じようにくりかえす

四股踏み1

 

四股踏みのポイント

足をしっかり広げることが大切です
腰もできる範囲でしっかり下におとしてください

持ち上げるのがむずかしければ
「股を開いて腰をおとした状態でしばらく静止」
まずはこれだけでも十分です

これをひまなときに何回かくりかえしてください。

四股踏みのポイント

四股踏みの注意点

最初は足を無理して開こうとせず
腰も無理に下までおとさないでください
自分が無理がないと感じる範囲で
くりかえすことが長続きの秘訣です

足をあげるときも
バランスをくずして転ばないよう
無理のない高さからはじめてください

四股踏みの注意点

四股踏みで腰痛を解消

腰痛は骨盤周辺の筋肉のこりが
大きく関わっています。

以前ご紹介したエアフラフープもそうですが
腰回りを脱力しながら動かすことが
腰痛にはかかせません

広告

まずは四股踏みで大腰筋のこりをほぐして
あなたの腰痛を少しずつ
改善していきませんか?

あわせて読まれている関連記事
広告