”あご”はあなたが思うより大切

あごといえば..「アントニオ猪木」

アゴといえば、やはりアントニオ猪木さん

「元気ですかーッ!
 元気があればなんでもできる!」

そしてそのあとに、強烈なビンタ

ビンタされて喜ぶ人は
アントニオ猪木さんのファンで
間違いないでしょう

私は・・・絶対嫌です。。

あごは感情の影響をうけやすい

あごは、感情の影響を受けやすい場所

緊張やいかりがつよくなると
自然にあごにも力がはいり
歯をくいしばって力んだ状態になってしまいます

あなたは食事中に
よく舌や口の中をかんだりしていませんか?

もしそうなら
それはあごまわりの緊張サイン

一刻もはやくあごの緊張をとらないと
ストレスはずーっと続いていくのです

あごの緊張をとってストレス対策

アラフォー女子の仕事、家事、育児でいそがしすぎて
たまりにたまったストレス退治
先送りせずに今すぐ解決していきませんか?

あごの緊張をとる「あいうべ体操」

解決法はシンプルな
「あいうべ体操」

みらいクリニックの歯科医師-今井一彰院長が考案

もともとは口呼吸を鼻呼吸にかえる体操でしたが
あごも同時にゆるめるため
あごのリラックスにも最適です

あいうべ体操のやり方

  1. 「あー」といいながら口を”たて”に広げる
  2. 「いー」といいながら口を”横”に広げる
  3. 「うー」といいながら口をとがらせ前につきだす
  4. 「べー」といいながら舌を前につきだす

とてもかんたんでシンプル
口の動きさえできれば声は出さなくても
どこでもできます

あいうべ体操のポイント

理想的なのはお風呂でやることです
湿度がたかく雑菌が繁殖しにくい場所ですから
口をあけても感染症にもなりにくいのです

また、お風呂は人目もまったく気にならない
自分だけのパーソナルスペースですから
リラックスしてあいうべ体操ができるのです

あいうべ体操であごも舌もリラックス

変な顔を気にせずにおもいっきり顔をゆるめて
心もあごもリラックス

よるのバスタイムの日課として
ぜひチャレンジしてみてください

ちなみに私も毎日やってますが
舌や口をかむことがなくなりました

ストレスをためこみやすいアラフォー女子にあなたに
あいうべ体操をつよくおすすめします

広告

あいうべ体操であごの緊張をとる1

あわせて読まれている関連記事
広告