サラダ油とは

オリーブオイルの香り

先日、久しぶりにオリーブオイルを買いました。
オーガニックのスペイン製エクストラヴァージン。

値段は高くもなく安くもなく。
たまにオリーブオイルの「香ばしさ」が
きもちいいと感じることがあります。

最初にかるくスパイシーな刺激のある感じ。
だんだんまろやかな熟成された果実の香りがでてきて
脳を刺激します。

オリーブオイルを買う目的の半分は
この香りを味わうためなのです。

サラダ油の性質

オリーブオイルとはちがい
最近あまり人気のないサラダ油
いったいどんな性質をもっているのでしょうか?

サラダ油とは「精製された植物油の総称」
日本農林規格(JAS)によって
現在、その原料は9種類。
「菜種・綿実・大豆・ごま・サフラワー(紅花)・
ひまわり・とうもろこし(コーン)・米・落花生」

サラダ油をやめれば脳がボケずに血管も詰まらない!

 菜種、紅花、ひまわり油は
よくお中元などで目にしますし
スーパーでもかなり安く買うことができます。

でも、安いということは
それなりの理由があるからなのです。 

サラダ油の毒性は「過酸化脂質」が原因

 

「脳と体に悪影響をおよぼす」
と分類されるサラダ油とは、
大量生産のため高温加熱処理をへて精製された
「菜種・綿実・大豆・コーン・紅花・ひまわり」

サラダ油をやめれば脳がボケずに血管も詰まらない!」 

体だけでなく脳にまで悪影響がでてしまうのが
「菜種・綿実・大豆・コーン・紅花・ひまわり油」
なのです。

酸化した油は過酸化脂質となり
細胞膜のタンパク質やコレステロールを
酸化させてしまいます

こうして酸化がすすむだけでなく
細胞のはたらきをできなくする
サラダ油はとても危険な食物なのです。

サラダ油1

サラダ油は脳も酸化させる 

 

サラダ油に含まれるリノール酸は、
加熱すると神経毒(ヒドロキシノネナール)に変身。
この神経毒は神経細胞の生存に必須の
[熱ショックタンパク質]
というものを酸化

これがもとで神経細胞は死んでしまい、
最終的に脳の海馬という部分を萎縮させ
もの忘れ、アルツハイマー病、うつ病
の発症の可能性を高める

サラダ油をやめれば脳がボケずに血管も詰まらない!」引用

サラダ油による過酸化脂質は
脳の海馬という記憶をたもつ器官に
ダメージをあたえ記憶力を低下させます

脳の再生をして記憶力や思考力をたもつには
よい油がかかせないのです

サラダ油は2回以上加熱されている?

サラダ油は精製段階で
すでに加熱済みのものがおおいため
調理で加熱すれば
少なくとも2回以上加熱することになります

これはひどい過酸化脂質の状態であり
多量の毒をふくんだものを
私たちは口にしているのかもしれません。

「全てのサラダ油が販売段階ですでに酸化している」
とは思いがたいのですが
そのようなサラダ油があることは十分ありえます。

当たり前をうたがうことは
食品の安全性においても大切ですね。。

オメガ3とオメガ6

サラダ油はオメガ6「リノール酸」

植物性の脂肪は不飽和脂肪酸とよばれ
おもにオメガ3オメガ6にわかれます。

  • オメガ3-αリノレン酸(えごま油・亜麻仁油)
         DHAEPA(魚油)
  • オメガ6-リノール産(サラダ油など)

オメガ6(リノール酸)のとりすぎでアレルギーに

オメガ6の割合が高くなりがちな現代の食生活では
とりすぎたオメガ6が体に害をあたえます

サラダ油の主成分も
オメガ6であるリノール酸

このリノール酸が体に炎症をおこし
アトピー喘息・鼻炎・花粉症など
さまざまなアレルギーの原因になるのです

アレルギーの原因はたくさんありますが
サラダ油も大きな原因の一つです

アラフォー女子-マスク

サラダ油の封をあけて時間がたつと過酸化脂質

サラダ油の封をあけたあと
時間がたってしまうと
サラダ油の毒が増加してしまいます

 古いサラダ油は酸化が進んでいるため、
数ヵ月前に開封した油を加熱すると
毒素がさらに多量に出ることに

サラダ油をやめれば脳がボケずに血管も詰まらない!」引用

これはオリーブオイルなどの油でも同じことで
古い油は危険と思ってください。

瓶に書いてある賞味期限は未開封のものについてであり
開封済みの場合、早めに使わないと
酸化は予想以上に早く進んでいきます。

広告

サラダ油をやめるだけで病気を予防

 

サラダ油をやめるだけで、
アルツハイマー病やうつ病、脳梗塞、心筋梗塞のみならず
花粉症やアトピーなどアレルギーをも予防できる。

サラダ油をやめれば脳がボケずに血管も詰まらない!」引用

こんなかんたんなことで
アレルギーや脳、心臓がよくなるなら
やってみたくなりますよね。

サラダ油はあなたの生活奥深くにしみこんでいる

サラダ油問題の根深さは
「サラダ油をつかわなければいい」
ではすみません

なぜなら
「外食、お惣菜、お菓子、揚げ物、加工食品
 そのほとんどにサラダ油がつかわれている」
からです。

お惣菜やお菓子を食べながら
「今、サラダ油も食べちゃったな..」
なんて思う人がいるでしょうか

特に気にせずにスナックやチョコレート菓子を
食べている人のほうが多いはずです。

ほとんどの人はそれらを当たり前のように食べています
サラダ油のリスクをいいだしたら
それこそ食べるものがなくなってしまいますし。。

どうしてもサラダ油をさけたければ
外食や加工食品をやめ
家で自炊するしかありません。

「そんな風に生きるくらいなら
好きなものを食べて早く死んだほうがましだ」

というタイプの人も実際にけっこう多いのですが
現実として本当に病気になるとまったく別問題。

予想以上に弱気になって反省してみたり・・・。

その時に後悔しても遅いのです。

料理1

サラダ油の害をへらす方法

アラフォー女子も家事・育児・仕事と
いそがしすぎて時間がありませんから
たまにお惣菜ですますのはよくあること。

ただし、
お子さんがアトピーなどで苦しむようであれば
なんらかの対策が必要かもしれません。

解決方法は
外食、お惣菜、お菓子でとりすぎた
オメガ6と
のバランスをとるため
オメガ3をとる」

理想的な比率は1:1ですが
量をはかるのはむずかしいので
オメガ3を多めにとるとかんがえてください。

オメガ3を多くふくむ油

オメガ3を多くふくむのは
エゴマ油(シソ油)・亜麻仁油

しかし、これらは日本では値段が高く
日常でつかうには無理があるかもしれません。

ですので私がおすすめしたいのは
DHA/EPA

魚を食べることで
オメガ3の多い油(DHA/EPA)をとり
オメガ3とオメガ6のバランスをたもつ

動物性タンパク質もとれますし
ビタミン、ミネラルも豊富です。

魚1

サラダ油の害はまず子供から

サラダ油の害は胃腸がつよい大人より
また成長中の子供に多くでます。

つまり、あなたににサラダ油への知識がなければ
まず苦しむのはあなたの子供です。

子供がアトピーや喘息などのアレルギーで
苦しまないためにも
つかう油をもういちど見直してみませんか?

広告

アレルギーをおこす「サラダ油」-子供の脳と体を守る方法2

 

 

 

あわせて読まれている関連記事
広告