レモンは酸っぱい!酸っぱいはスッパマン!?

レモンといえば酸っぱい!

なぜか私はスッパマンを思い出します。

「ウメボシ食べてスッパマン!」

レモンじゃなくてウメボシなんですが…
Dr.スランプあられちゃんのアホキャラです。

スッパマン/暗悪 健太(くらあく けんた)
オカカウメ星からやってきた自称正義の味方。しかしその行動はアホそのもので、なおかつ陰湿、陰険で根に持つタイプで、悪口を言われたりすると相手に爆弾を投げたり毛虫などで脅かしたりする。オカカウメ星でも弱虫。村人からは「アホのスッパマン」とバカにされている。

Dr.スランプの登場人物

ウメボシ食べてスッパマン

スッパマン16インチフィギュア 千価練

関係ない話なんですが、アホって必要ですよね。
自分全開でアホな人って、妙に他人を和ませてくれます。
程度の問題もありますが。。

いきなり脱線してスイマセン!

レモンの産地

さて、レモンの話にもどりましょう。
レモンの産地といえば、あなたはどこを想像しますか?

やはりカリフォルニア産でしょうか?

市場に流通しているレモンの8~9割近くが輸入品です。
国産レモンはわずか1~2割ほど。

輸入品のほとんどがカリフォルニア・アリゾナ産レモン。
つまりアメリカ産です。

戦後少しずつ進んできた輸入自由化により、国産レモンは価格競争に巻き込まれて打撃を受け、多くのレモン農家が廃業に追い込まれました。
その後、市場を独占したアメリカ産レモン。

国産レモンのほうが価格が高いのですが、近年はそれほど大きな価格差はなくなってきたように感じます。
アメリカ産レモンが1個40~60円であるのに対し、国産レモンは1個60~80円くらいかな?(地域やスーパーによって差があるかもしれません)

アメリカ産レモンは生産量が多くいつでもどこでも手に入るというメリットはありますが、安全性となると話は別。
防カビ剤などのポストハーベスト農薬をつかっているレモンは正直怖いです。
味も美味しいと感じたことがありません。

「レモンて美味しいものなの?」

そんな風に言われたことがありますが、美味しいレモンは存在します!
それはのちほど紹介しますのでお楽しみに!

 

国産レモンだとやはりの広島瀬戸内が有名です。
国産レモンはカリフォルニア産レモンと微妙に味が異なることがあります。

これは大量生産ではなくていねいに作られたレモンにあたったのかもしれません。
私もたまに当たりのレモンをゲットすることがありますが、酸っぱいだけでなくジューシーな酸味で美味しいです。

同じレモンといってもこんなに色々ちがってきます。

イタリアのレモン

国産レモンを推したい(推しレモン?)のはもちろんなんですが、今回はイタリアのレモンをとりあげてみました。

イタリアのレモンというと、やはりシチリアレモンが圧倒的に有名です。

Sicily in Italy

歴史的にもイタリアのシチリア島では、11世紀にレモンが持ち込まれてから栽培が盛んになりました。
気候的にも温暖なシチリアはレモン生産に最適。
レモンの利権をめぐってマフィアが誕生したという説もありますから、いかにレモンが人々の間で必要とされていたかよくわかります。

 

イタリア人はサラダ・パスタ・リゾット・お酒などあらゆる食べ物にレモンを使います。

レモンのお酒として有名な「リモンチェッロ」
レモンの表皮をスピリタスやウォッカに漬け込んでできあがります。

これを食後に飲むことで消化が進むんだそうな。。
半分はあたってますが半分は飲むのが好きなだけだろという気もします。

リモンチェッロの作り方はこちらのサイトが分かりやすく解説していましたので興味のある方はぜひ!
私が作るなら、シロップは砂糖少なめか、なしですね^^;

レモンのお酒「自家製リモンチェッロ」のレシピ。南イタリアの家庭の味の作り方♪

リモンチェッロ

イタリア、特にシチリアの料理に興味がある方に一読をおすすめしたい一冊がこちら。

「いや、そんなことよりシチリアに興味あんのよ!」って方におすすめがこちら。
写真が美しい限りです。。私も行きたいです。。

なぜイタリアではレモンが人気なの?

そもそもシチリアでレモンの栽培が始まったのは、英国海軍が「レモンは壊血病の予防及び治療に役立つことを認めた」ことが発端です。

1753年にイギリス海軍のジェームズ・リンド医師は、ミカンやレモンをとることで壊血病が予防できることを発見。
さらにイギリス海軍クック船長が南太平洋探検航海(1768年 – 1771年)で、ザワークラウトや果物の摂取に努めたことにより史上初めて壊血病による死者を出さずに世界周航を達成。

これは歴史的な快挙でした。
というのも多くの船乗りが航海半ばで壊血病にかかり命を落としていたからです。

それ以来、レモンは健康を維持し消化にもいい果物としてイタリアで安定的な人気を得ることになります。

壊血病とはどんな病気なのか

壊血病の原因

壊血病は、ビタミンCの欠乏から45~80日後に発症します。
小児ではメーラー・バーロー病とよばれ、ビタミンCを補充されていない調整乳を与えられている乳児も壊血病にかかる恐れがあります。

壊血病の症状

小児

間充組織に病変が起こり

  • 外傷治癒不全
  • 浮腫
  • 出血
  • 骨・軟骨・歯・結合組織の虚弱化

成人

  • 歯肉の腫れと出血
  • 歯牙喪失
  • 倦怠
  • 疲労
  • 脚のリューマチ痛
  • 筋肉萎縮
  • 皮膚病変
  • ヒステリー
  • 心気症
  • うつ

壊血病は恐ろしい「死の病」だった

1498年にインド航路を発見したバスコ・ダ・ガマの航海の際でも、180人の船員のうち100人がこの病気にかかって死亡しています。
ビタミンCが不足しただけでこれほどの症状に苦しむことになるとは、当時誰も想像できなかったのです。

レモンはビタミンCの宝庫

壊血病を解決(意図しないダジャレ…)したビタミンCは、レモンにたくさんふくまれています。
果汁だけでなく、皮にもたくさんのビタミンCがふくまれています。

ビタミンCは高い抗酸化力をもち、あらゆる病気を予防して美しい肌を作ってくれます。副腎疲労を予防する効果もあるんですよ!

関連記事:ビタミンCの抗酸化力-美白・がん治療の万能薬

上で触れたレモンのお酒「レモンチェッロ」もレモンの皮だけでできていますから、レモンの皮は果汁と同じかそれ以上の可能性を秘めているのかもしれません。

とんかつなどの肉料理にも一切れのレモンが添えられていますが、あれは肉の鉄分をしっかり吸収し消化を良くするためにかかせないものです。

そろそろ、レモンの全ての働きを知りたくなってきましたよね?

一挙に解説していきます!

レモンの働き

消化吸収を促進

レモンにはクエン酸が多くふくまれています。
クエン酸は「キレート効果」をもっており、ミネラルと結びついて安定した状態を作り吸収ミネラルの率を上げる働きがあります。
鉄やマグネシウムなどのミネラルをしっかり吸収したいならクエン酸が役に立ちます。

サプリメントもキレート加工をして吸収率を上げたものがたくさんありますが、キレートは国際特許のため日本では使用されていません。
日本のサプリメントをとっている場合、吸収率はどれくらいかよく考えてください。

疲労回復

細胞小器官ミトコンドリアにおいてエネルギーであるATPをうみだす回路は「クエン酸回路」とよばれており、クエン酸は体のエネルギーを作ってつかれをとるためにはかかせません。
定期的にレモン水を飲んだり、梅干しを食べることでつかれがとれやすくなります。

抗酸化作用(アンチエイジング)

レモンの皮には数種類のポリフェノールがふくまれており、抗酸化作用で老化を抑えてくれます。

血流改善

ポリフェノールにより血流が改善し、血圧も最適な状態へと導きます。

整腸作用

レモンにふくまれる水溶性食物繊維「ペクチン」は整腸作用があり、下痢や便秘を予防することで痔も改善できます。

動脈硬化を防ぐ

レモンにふくまれる水溶性食物繊維ペクチンは水と油になじむ性質があり、コレステロールと水分を調整してコレステロールを排出し、コレステロール値を正常化します。
さらに分解されて体内にとりこまれたペクチンは、肝臓でのコレステロール合成も抑制します。
コレステロールの上昇をおさえることで動脈硬化になりにくくなります。

発ガン予防

レモンの皮にふくまれる苦味成分「リモノイド」は昆虫からの摂食阻害作用をもち、昆虫に食べられることを防ぐ機能があります。
リモノイドはリモニン・ノミリンなどで構成されており、リモニンはガンを予防・再発抑制・転移防止することができます。

糖尿病予防

ペクチンが血糖値の急上昇をおさえ、糖尿病を予防できます。

またレモンのリモノイドにふくまれるノミリンも、2015年に佐藤隆一郎教授(東京大学)らがノミリンによって肥満や高血糖を改善できることを発見しています。

リラックス

リモ二ンは香りの成分でもあり、アロマテラピーでももちいられるほどリラックス効果があります。

ただし、柑橘類には光毒性があります。
レモンの果汁・オイルなどを直接肌に塗って日光にあたると皮膚にダメージを与えます。
肌にふれないようにレモンを使ってください。

脂肪肝・高脂血症の予防

レモンの皮におおくふくまれるエリオシトリンは細胞小器官であるミトコンドリアを活性化し、脂肪肝・高脂血症を予防することが、三重大学とポッカサッポロフード&ビバレッジ中央研究所の研究で判明しています。(ポッカサッポロは自社でレモン飲料を販売していますから中立的な第三者による研究とはいえませんが…)

Eriocitrin ameliorates diet-induced hepatic steatosis with activation of mitochondrial biogenesis

肝臓がんの増殖を抑制

レモンからのエリオシトリンは、アポトーシス(細胞自死)および細胞周期の停止を誘導することによって、ヒト肝細胞癌細胞の増殖を抑制することが中国の研究で判明しています。

Eriocitrin from lemon suppresses the proliferation of human hepatocellular carcinoma cells through inducing apoptosis and arresting cell cycle.

 

レモンが胃酸代わりとなって胃もたれを解消しダイエットに!

レモンダイエット-ビヨンセの「マスタークレンズ」

レモンダイエットといえばビヨンセの「マスタークレンズ」

レモンダイエットといえば、アメリカのR&Bシンガー「ビヨンセ」が取り組んでいたといわれている「マスタークレンズ」のことを想像する人がいるかもしれませんね。

ビヨンセが2週間で-4kgのダイエットに成功したといわれるこのマスタークレンズ、本当に効果があるのでしょうか?

マスタークレンズとは、別名「レモネードダイエット」
レモン果汁・メープルシロップ・カイエンペッパーを水に溶かしたものだけを飲んで最大10日間ほどおこなうファスティングの一種。

しかしこのような長期間のファスティングは、栄養欠乏がなく短期間のファスティングを多くこなしている一部の上級者以外は手を出してはいけません。
基礎代謝が下がり、筋力やエネルギーを失うただの「食事制限」で終わってしまうからです。

かんたんにうまくいく話はないということなんです。。
毎日食べる量をコントロールするほうがよっぽど安全です。(とりあえず腹9分からはじめて腹8分もたまに)

レモンダイエットに甘い希望をもってはいけません。

 

レモンで胃酸をだすことが安全なダイエットにつながる!

レモンは酸っぱいですから酸性です。実際レモンのPHを測定するとおよそ2.0くらい。これはどちらかといえば強酸です。

ここで食べ物を食べるときに胃から出てくる胃酸のPHがどれくらいかあなたはご存知ですか?なんとその値は「1.0〜2.0」で相当な強酸であることが分かります。これだけ強い酸性だからこそ、しっかり食べ物を消化し殺菌できるわけなんです。

ところがストレスがおおくなり内蔵がつかれてくると、本来食事前にしっかり出てくるはずの胃酸がでずに消化不良が発生します。

これが食物アレルギーの原因の1つなんですね。
未消化で殺菌も不十分な食物が腸にはこばれてしまうと腸にとっては大きな負担。

本来来るはずのない異物が腸にはいってくるわけですから。こうして消化の正しい流れを妨げてしまいます。

でも、レモン水を食事とともにとればその強酸の力で胃酸代わりになってくれるんです!当然消化もスムーズになり胃もたれを解消し、食べ物の栄養をしっかり吸収して楽に排泄できるようになります。これがダイエットにつながるわけです。

消化とは必要なものを吸収し要らないものを排出すること。不必要なものをすばやく排出できる体質こそダイエットの土台。ダイエットの基本は消化力にあるのです。

広告

ふだん食べ過ぎていて慢性的な胃もたれになっているあなたには特にレモンが必要です。

ダイエットができるフルーツは色々あるといわれていますが、私にとってダイエットフルーツの王様はレモン!

 

また、レモンにふくまれるクエン酸もエネルギーを生み出す補酵素となり運動量がアップ!これもダイエット効果につながります。

なぜイタリア(シチリア)のレモンはおいしいの?

シチリアは温暖な地中海性気候です。
「夏は乾燥して暑く、冬は温暖で雨が降る」

暑い夏は40℃まで気温が上がることもありますが、基本的に昼間の温度は東京と同じくらい。
冬でも最高気温は15℃、最低気温は10℃ほどであり、日本の4月くらいの気温です。

冬でも温かい気候こそがシチリアのレモンが美味しい理由なのです。

レモンは四季なりで、1年を通し4回ほど収穫できます。
収穫時期により、実の色や性質が異なってきます。
農家によってはそれをジュース用・オイル用とつかいわけることで品質を保っています。

シチリアの気候1

東京の気候

引用:「パレルモ(シチリア島)の最高気温、最低気温、降水量」 アーモイタリア旅行ガイド

シチリア島

biologicoils シチリア産有機レモンストレート果汁

イタリアのレモンがいくら素晴らしくてもイタリアレモンはスーパーにはおいていないし、使うたびにレモンをしぼるのは味は最高でも面倒くさいのです。。
そこで、いつでもすぐ飲めるイタリアのレモン果汁をおすすめします。

私も愛飲しているbiologicoils シチリア産有機レモンストレート果汁」
アマゾンで買っているんですが、けっこうはまります。

まろやかさがあり、適度な甘みと酸味が絶妙なバランスで成り立っているレモン果汁。
無農薬ではありませんが有機栽培された新鮮なシチリア産有機レモンを15個原料として圧搾しただけの100%のストレート果汁です。

私はいつも食事の時に、このレモン果汁を水にうすめてちびちびと飲んでいます。
レモンは酸性で胃酸の代わりになりますから消化にもいいし、クエン酸のおかげで体もすっきりします。

このレモン水を飲みながらご飯を食べると食が進み、食後の胃腸もスッキリしています!
何気にビンのパッケージデザインのカラーリングも、
「さすがイタリア、やってくれるね!」
な感じで、レモンの木を想像させるナイスデザイン。

けっこうこういう細かいところで、長く愛用するかどうかが決まったりします。
(私の場合)

レモン水なんてそれほど量を使いませんから、どうせなら質の良い美味しいものを飲みたいわけなんです。。

シチリア有機レモン果汁

 レモンを使った調味料でもっと食を楽しもう!

レモンを楽しむならレモン水だけじゃ~もったいない!

他にもたくさんレモンを楽しむための調味料があるんです。

塩レモン

「ああ、なつかしいね!」

そんな声が聞こえてきそうな塩レモンは3年ほど前から去年にかけてジンワリと?(2014~2016年頃)流行りましたね。

  • 2015年にファミリーマート限定で発売されたナビスコ「チップスター塩レモン味」
  • 2017年春にセブンイレブンで限定発売されたカルビー「じゃがりこ塩レモン味」
  • 2017年5月に期間限定発売された「ベビースターラーメン丸 塩レモン味」
  • 2017年全国で夏季限定発売されているコカ・コーラ「い・ろ・は・す 塩れもん」

 

などお菓子や飲料水の世界も席巻してきた塩レモンの威力はなかなかのもの。(期間限定品なのでい・ろ・は・す 塩れもん以外は現在は入手できないと思われます^^; 2017年8月現在)

でもイタリアの調味料としては塩レモンは定番品。けっして流行りモンなんかじゃーありません。

塩レモンを上手に作れると酸っぱいだけでなくまろやかなレモン調味料になって食がすっごくすすんじゃいますから。

作り方だってレモンを塩につけて3週間ほど寝かすだけですからかんたんに作れます。

でも最初は塩レモンのおいしさを体感することが大切ですね。。

これはまろやか塩レモンの代表系。酸っぱい塩レモンしか体験したことのないあなたにおすすめ。

これもまろやか&上品な塩レモンです。

塩レモンのおすすめレシピ集

レモスコ

「レモスコってなんじゃそりゃ?」って当然思いますよね?

お答えしますよ。。

レモスコはレモン+タバスコの造語です。

つまりやや辛めのレモン調味料です。

瀬戸内産の「広島レモン」と上蒲刈島の「海人の藻塩」を使用し、九州産青唐辛子とお酢をブレンドした広島のご当地調味料がレモスコです。

けっこう熱い?調味料ですね。。

原材料はレモン・唐辛子・酢・塩のみ使用で、激辛ではありませんが肉料理・魚・サラダなどにかければ適度な辛さとサッパリした感覚を同時に味わえます!

 

レモンペッパー

最後はレモンペッパー。胡椒ですね。

柚子胡椒は有名ですが、レモン胡椒はそれほど有名ではない。

似たような味ではありますが、やはり微妙に違う。

そこら辺を楽しめる人におすすめです。

今回のおすすめはシーソルト、黒こしょう、にんにく、たまねぎ、レモンの皮、レモンオイル、シトラスが入ったレモンペッパー調味料。

肉料理がサッパリと感じてつい食欲が増してしまうのはコイツのせいです。。

消化の悪いあなたもレモンパワーですっきり!

上で触れましたが、レモンは梅干しと同じ役割をします。
酸性であるため胃酸の代わりとなって消化を助けてくれるのです。

何らかの理由で胃酸がちゃんとでていないと、食べ物を食べても十分に殺菌消化できないままで腸に運ばれてしまいます。これがアレルギーの原因の一つです。
胃酸がわりのレモン水を飲んでいれば、胃酸不足によるアレルギーも怖くありません!

また、レモンの柑橘の香りは爽やかでこれが気持ちをスッキリさせてくれます。香りの力は侮れません。香り1つで気持ちが変わったり心が安らいだり、人のことを好きになったり(私だけ?)…香りはまさに脳を刺激する薬なのです。これをうまく使わない手はありません。

そしてビタミンCの抗酸化力で病気も回復しやすくなり体がスッキリ!レモンパワーは本当に驚くばかりです。

美容・健康・胃腸といいとこどりのレモン。
レモンダイエットもできますし。

美味しいから長続きします。
美味しいは楽しいですから!

食事を楽しみ続けるための秘策、それはレモンかもしれませんよ!

広告

tirza-van「シチリア有機レモン果汁」-胃酸がわり・ビタミンC補給と万能な、”美味しすぎる秘密兵器”2 | アラフォー女子健康カンリ

広告