スペイン料理の定番バカラオ

あなたは「バカラオ」をご存知ですか❓

正式に発音すると
「バカリャオ」のほうが正確かもしれません

バカラオは
塩漬けした鱈の干物をつかった料理

Klippfisk

スペインの文化とバカラオ

スペインはカトリック教がさかんな国で
2011年の調査では国民の7割がカトリック

カトリックの教えでは
肉を食べてはいけない期間がありますが
その間に食べられるのがこのバカラオなのです

干物をつかいますから
保存食としていつも常備できますし

ノルウェーなどの北欧食国でとれた鱈が
スペインでは入手しやすく
気軽に買える食材でした

近年は漁獲量がへり
鱈の価格が高騰しています

アラフォー女子-スペイン4

スペインだけでなく世界で愛されるバカラオ

近隣国のポルトガルや
ポルトガルの植民地であったマカオでも
バカラオ料理は定番です

ブラジルや西インド諸島、西アフリカにも
貿易を通じて広がりました

干物で保存食にできる強みが
ここによくあらわれています

アラフォー女子-ブラジル1

バカラオ(鱈)の栄養

バカラオ、つまり鱈の栄養は

  • タンパク質
  • カルシウム
  • ビタミンB群
  • ビタミンD

などを含んでいますが
タンパク質以外はそれほど多くありません

鱈には脂質が少ないため
脂っこい料理が苦手な人が
タンパク質をしっかりとりたい場合に最適

アラフォー女子-鱈2

鱈の卵巣「たらこ」は栄養満点

すこし横道にずれますが
たらといえば「たらこ」のほうが有名ですよね

福岡の辛子明太子はたらこ商品の定番
辛いけどピリッとした味が美味しくて
おにぎりにいれる定番でもあります

たらこはコレストレールや栄養素をたくさんふくんだ
高栄養食品
ぜひおかずに、おさけのつまみに
食べることをおすすめします

バカラオ(鱈料理)の作り方

スペイン語の「バカラオ」は
塩漬け鱈のことをさすことが多いのですが
これは具体的な料理名ではありません

ですからバカラオ料理には
様々なものがあるのです

バカラオ料理のベースとなる
部分だけご紹介しますので
あとは独自にアレンジして
美味しさを追求してみるといいでしょう

本当は塩漬けした鱈を干したものを使いますが
日本で手に入るのは
北海道産の鱈をそのまま干物にしたもの

広告

塩漬けされた本格的なバカラオが食べたい人は
デパートや輸入食材店でさがすか
ネットで購入することをおすすめします

 

塩気は少ないかもしれませんが
最初に雰囲気を味わうにはよいかと思います
塩抜き時間を短くして調節してください

アラフォー女子-スペイン3

1.たらの干物を塩抜きする
 (1〜12時間ほど水につける
 時間はお好みで調節)

2. にんにく、こしょう、塩を加えて
  鱈をたっぷりのオリーブオイルで
  10分ほど煮込む

  好みで唐辛子などを加えてもOK

3.仕上げにパセリなど香りのある野菜を添える

オリーブオイル1

あっさり味のバカラオでたんぱく質をとる

ストレスやつかれでたんぱく質は
あなたが思う以上に消耗していきます

たんぱく質不足によってかかる病気は
おどろくほどたくさんあります

アラフォー女子は家事・育児・仕事と
忙しい毎日をおくるなかで
負担が大きいだけ病気にもかかりやすくなります

アラフォー女子-スペイン1

スペインの昼食は2時間

スペインのBARを想像しながら
ゆっくりとバカラオを楽しんで食べる
それはまさにスペイン風の幸せ

アラフォー女子-スペイン2

ぜひ積極的に
美味しいたんぱく質をとって
ストレスやつかれ
病気をはねのけていきませんか❓

広告

バカラオ-鱈のスペイン定番料理でおいしく”高タンパク質” 2| アラフォー女子健康カンリ

広告