奥多摩の大自然にエネルギーをもらう

奥多摩の美景と美味

8月前半に久しぶりに東京西部へ。
「奥多摩」はやっぱりいいですねー。

新宿から電車で2時間ですから近くはないんですが、
やはりあそこまでいくと全然違うんです
ものすごく新鮮な「空気」

食べ物で例えれば
海でつった魚をその場でおろして
すぐに刺し身で食べるようなもの。

森から生まれたての空気は新鮮さ抜群です

虫の声も、原生林に生きる虫はパワーがちがいます。
きいたことないような大きな声で鳴くセミをみると
体も親指2本くらいの大きさで圧倒されました

途中で奥多摩湖をグルっと1周。
湖面が太陽に照らされてキラキラと輝いて
そのあまりの美しさに
日頃のつかれも頭から吹き飛んでいきました

さらに奥深くまで、秋の匂いが漂う道をさらに進んでいくと
青緑に美しく光を放つ奥多摩湖を一望できる絶景スポット
月夜見第1駐車場 展望台に到着

奥多摩1

高い場所から仙人になった気分で
下界の湖と広がる町並みを、無心にただ目に映す。
心がただただほんわりとゆるまっていく一時でした

昼には奥多摩名物の川魚・野菜の天ぷらをたべ
視覚だけでなく味覚も満たされてきました
サクサクしておいしい天ぷらでした。

奥多摩2

最後の締めは温泉で決まり♨
今回は一度行ってみたかった数馬の湯に直行

ゆっくりと熱い湯船に浸かっていると
今日一日の疲れなんてすぐ吹っ飛びます

遠くに見える森をながめながらの露天風呂。
原子の人間に戻ったかのような
強いパワーがチャージされていくのを実感。

日頃のストレスも全部吹き飛びました

奥多摩の日光浴パワー

翌日腕をみたらけっこう黒く焼けていました
一日中、奥多摩を冒険していましたから当然です。

でもこの状況は
美白好きな女性だったらありえないことですよね。

でも、そういう方にこそぜひ知ってほしいんです
日光浴がどれほど重要なのかを

日光浴の重要性

子供のころ、部屋にこもってばかりいると親から
「少しは外に出て太陽浴びてきなさい!」
とよくいわれました。

当時は必要性を理解していなかったので
「うるさいな、余計なお世話だよ…」
と思っていたんですが親が正しかったのです

日光浴とビタミンD

ビタミンD不足で免疫力低下すると病気に

ビタミンDはもうご存知のかたも多いはず。
免疫力の要ともいえる重要なビタミン。

これが不足すると
「高血圧、ガン、歯周病、鬱、糖尿病、アレルギー」
とあらゆる病気になりやすくなります

また運動不足・栄養不足の高齢者にみられる
「骨軟化症、骨粗鬆症」
もビタミンD不足が一因とされます。

更に、「インフルエンザ」
などの感染症にもかかりやすくなります

ありとあらゆる病気になりやすくなる。
逆にいえばビタミンDをとれば免疫力がアップし
ありとあらゆる病気を防げるんです

日光浴でビタミンDができる仕組み

日光浴をすることで
皮膚のコレステロールがビタミンDへと変化

ビタミンDは食物にも含まれていますが
日光浴さえできれば
食べ物からとらなくてもOK

日光浴は無料ですから免疫アップのために
毎日外で短時間でも日光浴をおすすめします

日光浴のポイント

あまり晴れていない日でも太陽光を浴びることは可能です。
そのくらい太陽の力は強力なのです

日光浴時間は1日15分がベスト
腕や脚だけでもOK
その場合は少し長めにあびるといいでしょう

日光浴の注意点

1.「車や家のガラスごし」は効果が低い

ガラスごしだとビタミンDができない場合もあります
これは特定の紫外線がカットされるのが原因です。
できるだけ直接あびましょう。

2.日光浴のあとすぐ海に入ったりシャワーをあびない

日光浴のあとに水をあびると
せっかくできた皮膚表面のビタミンDが流れおちてしまいます

どうしてもすぐ浴びたいときもあるでしょうが
できれば日陰で休憩してからにするといいでしょう

広告

ビタミンDを食物からとる

ビタミンDは脂溶性

ビタミンDは食物からもとることができます
ビタミンDは脂溶性で脂にとけやすいので
脂質といっしょに食べることをおすすめします

食事のときに肉や卵、植物油とともに食べることで
体内にビタミンDをよりたくさん蓄積できます

ビタミンD食材ランキング

ここでビタミンDを多く含む食材をご紹介します

ビタミンDの多い食材ランキング

  1. すじこ
  2. きくらげ(乾燥)
  3. きくらげ(茹でたもの)
  4. サケ
  5. メカジキ
  6. カレイ
  7. しいたけ(乾燥)
  8. ウナギ
  9. サ バ
  10. サンマ
  11. カツオ
  12. サワラ

全体的に魚類ときのこ類が多めです

動物性ビタミンD3は植物性ビタミンD2より効果的

ビタミンDは動物性と植物性があり
その名称も異なっています

  • 動物性ビタミンD→ビタミンD3
  • 植物性ビタミンD→ビタミンD2

ビタミンD3はビタミンD2の2倍の効果があるとされており
ビタミンD3を積極的にとることをおすすめします

スジコはお酒のつまみでもいいかもしれません
サケも焼いても美味しいしサーモン刺し身
西京漬けなどいろいろ楽しみながら食べたいですね

日光浴と動物性食品でビタミンD補給し免疫力アップ

アラフォー女子は更年期も近く
だんだん免疫力が低下していきます

  • 風邪が長引く
  • 体力が低下
  • ストレスがたまりやすい
  • 体が痛みやすい
  • 関節がすぐ痛む

こんな状態をできるだけ避けて
毎日を元気で楽しくすごすためにも
日光浴でも食事でも好きなほうでビタミンDをしっかりためて
免疫力をアップしていきませんか?

広告

日光浴とビタミンD

あわせて読まれている関連記事
広告