デスクワークによるストレートネック

ストレートネックとは

デスクワークでパソコン前にいることが多い生活

だんだん午後くらいになると
集中力もとぎれて姿勢も悪くなって
すっかり猫背になってくるのが一般的

その猫背につられてあごと首を突き出すような姿勢
いわゆるストレートネックです
これがよくない

首のまんなかを通る骨「頚椎(けいつい)」は
前弯(前にカーブ)するのが正常なんですが
ストレートネックになると前弯がなくなって
頚椎がまっすぐに伸ばされてしまいます

 

ストレートネック-イメージ

ストレートネックは首を閉められているも同然

実はこのストレートネック姿勢姿勢、
首を軽く絞められているのと同じなんです

なぜかというと
首には脳へ血液や脳髄液をおくる血管
リンパ液を送るリンパ管など
脳に関する重要な「管」がたくさん通っています。

これがストレートネックになることで
「キューッ」と圧迫されてしまうのです

第一頚椎の押しつぶしが不調を招く

厳密にいえば、首と頭の付け根である
「第一頚椎」
場所は、両耳たぶ下あたりのちょうど真ん中辺。
第一頚椎の「押しつぶし」が数々の不調を招くのです

頸椎

具体的には
脳に酸素や髄液がたりなくなり頭痛をはじめ全身倦怠感
脳の機能低下、不眠などさまざまな不調にみまわれます

脳への血流が悪くなって酸素がたりなければ
脳は正常な活動ができません。

「集中力、判断力、理解力」が大幅に下がるだけでなく
”うつ”のような症状ににつながることも…

スマホとストレートネック

「デスクワークをしていないから私は関係ない」
あなたは今そう思いませんでしたか?

ところが、関係あるんです

デスクワークをしていない人にも最近
頚椎症が増加中
その原因は「スマホ」

twitterやfacebook、ゲーム、LINEでチャット
youtube動画、でかけるときのマップ、
調べ物にインターネット、
電車の時刻表、天気、カレンダー

あなたも必ずどれかはよく使うはず。

しかもどれも一度やりだすとはまってしまうような
中毒性のあるものばかりで
気づいたときには体の疲れの限界を超えた状態

その結果ストレートネックでの体の不調

子供もスマホアプリに夢中になることが多く
若年性ストレートネックの危険性も指摘されています

「日本人 総ストレートネック」

そんな日が近づいている可能性大
親子でストレートネックなんて笑えません

ストレートネックの解決法

ストレートネックは首の使い方で改善

ストレートネックを解決するポイントは「首の使い方」

赤ちゃんのころはちゃんとあった
「頚椎の前弯」
を取り戻すことが最重要

下の図の赤い部分を見ると
頸椎が前にカーブしているのが分かると思います。
これが正しい姿です。

脊椎

赤ちゃんはハイハイするときは頭を上にそらして
首を前弯させていますが
それが苦しいことはありません。

でも大人が同じことをしたら、とても苦しい。
その原因は、体全体が固いせいもありますが
一番大きいのは
「首の前弯がなくまっすぐ頚椎が固まっている」

これをなおすためには

頭を少しだけ上に持ち上げる

上から紐でフワッとひっぱられているイメージ

顔を少しだけ上向きに(10°くらい)

前につきださないで、わずかに上に。

ほんの少しだけあごを引く

力まずにそっと引く

これらが首の基本姿勢となります。
「首が胴体の上にふわりとのって上に伸びている」
そんなイメージをもってください

首の下に丸めたタオルを敷いて寝る

また丸めたタオルを首の下に敷いて
仰向けに寝てください
これにより頚椎の前弯をとりもどすことが可能です

タオルの巻く回数や大きさは
それぞれの体のサイズに合わせて
気持ちいい範囲になるよう調節してください

首を回すスワイショウはストレートネックにも効果的

これに加えて
首を定期的に左右に回すとなおよいでしょう
かならずゆっくりと、痛くない範囲で左右に回転

腕といっしょにまわす「スワイショウ」はより効果的
とくにお風呂上がりにやってみてください。

すらっとのびた首は知的で美しいイメージ

スッと上にのびた首ってかっこいいですよね
知的な感じがします。
体もすらっとのびてみえますし。

首が上にのびているということは
胸も開いていきますので
バストアップにもつながります

アラフォー女子にぜひおすすめしたい首の使い方
ストレートネックの克服とセットで
ぜひマスターしてくださいね!

広告

ストレートネックと首

広告

 

あわせて読まれている関連記事
広告