大人女性のADHDは「不注意型」

大人女性ADHDの特徴

ADHD
注意欠陥・多動性障害

じっとしていられず
気にいらないことがあると
すぐ乱暴になってしまいます

子供だけでなく
大人のADHDも存在します

大人女性のADHDは不注意型がおおく

  • ひどく忘れっぽい
  • 片付けられない
  • 中途半端で終わる
  • 同じミスをくり返す
  • 突然一つのことだけを長時間やり続ける
  • 突然不安になったり泣いたりする
  • 集中力がすぐに切れる

あなたにも思い当たる項目、ありませんか?

大人女性ADHDの職場トラブル

周りから見てもかなりマイペースな人の印象
それに加えて仕事でのミスがふえてしまうと
職場の要注意人物になってしまうのです

自分が気分屋である自覚はなく
悪気もないのですが
まわりとの認識の差に違和感をかんじて
人との交流が面倒になってしまい
孤立することもあります

アラフォー女子-仕事10

「ああいう人だからしょうがないよ…」

いわれてもしょうがない
大きなミスをしたとはいえ
やはり心にズシンと重くのしかかります

「なるべく努力しているんだけどどうしても無理…」

こうしてなやんだあげく
心療内科に通うことになってしまいます

ADHDは先天的な脳の機能障害

大人のADHDでまわりに迷惑をかけてしまうと
ADHDをなんとか改善できないかと
まわりから求められます

大人女性のADHD

ところが、こうしたADHDは
本人の努力ではどうにもならない
「先天的な脳の機能障害」
であるという研究結果が発表されたのです❗️

オランダ・ラドバード大学などの研究チームが医学誌「Lancet Psychiatry」(電子版)の2017年2月15日に発表した。ADHDの子どもを脳MRI(磁気共鳴画像)で調べた結果、脳の5領域の容積がほかの子どもに比べ、明らかに小さいことがわかったという。

   同誌の論文要旨によると、研究チームは世界各国のADHDの専門家の協力を得て、欧州諸国や米国、中国、ブラジルなど各国の23の施設からADHD患者1713人(4~63歳・平均年齢14歳)の脳MRIデータを入手した。そして、ADHDではない同年代の1529人の脳画像と比較、分析した。そして、情動や認知機能をつかさどり、ADHDとの関連が考えられる扁桃体や海馬など大脳皮質下の7領域の容積を調べた。すると、ADHD患者はそうでない人に比べ、扁桃体や海馬など5つの領域の容積が明らかに小さかった。

   実は、これまでの研究でも、ADHD患者は脳領域の一部が小さいことが知られていたが、サンプル数が少ないという限界があり、はっきりしていなかった。今回ほどの大規模な調査は初めてだという。研究チームは、論文要旨の中で、「ADHDは、脳領域のいくつかの領域で発達が遅れる脳障害と考えられます。この知見を患者に対する理解を深め、偏見を払拭するために役立ててほしい」とコメントしている。

ADHDは育て方の問題ではない 脳の5つの領域で容積小さい「障害」

「扁桃体や海馬など
 5つの領域の発達がおくれた状態」
それがADHD

アラフォー女子-脳4

脳を再生しADHDを克服

栄養で脳を再生

成長がおくれているだけならば
成長をすすめるために必要な材料である
栄養をとっていけば改善可能なはず

なぜなら、
「脳細胞は再生する」から

  • ビタミンA,B群,C,D,E
  • 高タンパク食
  • レシチン(卵)
  • バター・ギー・ココナッツオイルなどの良質な脂質
  • 鉄、亜鉛、銅、マグネシウム、カルシウム

特にココナッツオイルをおすすめします。

中鎖脂肪酸であるココナッツオイルは
脳を再活性する機能が近年注目されています

ためしてみる価値は十分にあると思います

広告

脳トレーニングで脳を再生

それにくわえて脳トレーニング

  • 読書
  • 人と会話
  • 議論
  • 手紙や企画書を書く
  • レジで支払いを暗算
  • パズル
  • クイズ
  • 手先をつかった作業
  • 息が切れるくらいの運動

脳を最大限に刺激し
脳細胞の再生をすすめることで
ADHDを克服できるのです

病院にたよる前に体に足りないものを補う

病気だとすぐ決めつけてしまわずに
体に足りないものを
まずはしっかり与えてみる

それでダメだったら
病院にいけばいいのです

あなたの成長はあなたが思うよりも
奥深いものです

いつまでも成長するために
あなたは自分に足りないものを
補えていますか?

ADHD(注意欠陥)-解決法は栄養・脳トレで脳再生2 | アラフォー女子健康カンリ

広告
あわせて読まれている関連記事
広告