女性のデリケートゾーンと膣

デリケートゾーンは清潔にしたい場所

リケートゾーン
女性の気になる部分
繊細でお手入れが欠かせない場所

尿道も近い場所で不潔になりがちだから
お風呂で毎日しっかり膣内まで石鹸で洗浄
お風呂上がりには石鹸の香りがしてリフレッシュ

大切な場所だから毎日欠かさず
しっかりきれいにして病気を防ぎ清潔に
もちろん夫婦生活のためにも清潔感はとても大事

そんな真面目で前向きなあなたの気持ち
よくわかります

大事なところほどしっかりメンテナンスして
大切にしたいからかかさずしっかり洗浄

膣内洗浄は危険

でも…
洗うのは膣の外側までにしたほうがよさそう
というのも、膣内を洗浄することで
あなたはあるものを失ってしまうのです?

産婦人科を受診して細菌性膣炎の診断を受けると
主に腟内の洗浄と抗菌薬の投与が行われ
薬の効果によって腟内に増えた菌が
減少するため一見症状が軽快した様に思えます

その後腟内に乳酸菌がちゃんと増えてくれれば
悩み事は解決出来るのですが
そもそも乳酸菌が上手く生活出来ない様な
自身の体調や生活習慣が改善しない限り
乳酸菌が増えるのは難しい事も多く
結局根本的な解決にならない事もしばしばあります

カンジダや細菌性膣炎の原因菌は
もともと皆さんの腟周囲に住んでいる菌達が
本来増殖できない腟内に住み着いてしまう事が原因なのです

体が健康な状態だと
腟内に乳酸菌の仲間が住み着いていて
他の菌が入り込むのを自然にブロックしているのですが

体調不良や生活習慣の乱れによって
このブロック機能が崩れてしまうのが細菌性膣炎の原因です

腟内環境と腸内環境と乳酸菌

膣内の乳酸菌は自浄作用を持つ

デーデルライン桿菌の自浄作用

治療のために膣内洗浄する場合と違い
日常的に膣内洗浄をすることは
膣内にある乳酸菌を洗い流してしまい
免疫力を下げてしまいます

膣内にはデーデルライン桿菌とよばれる乳酸菌が存在
膣内を酸性にたもち他の菌の侵入から防御
膣内で自浄作用をもち膣内のバリアの役割

膣炎対策

もし細菌性腟炎になってしまったら
デーデルライン桿菌をとりもどすために
材料となる乳酸菌を補給することが重要

  • 乳酸菌サプリメント、ヨーグルト、漬物などをとる
  • できるだけ膣内洗浄はせず外側のみを洗う
  • 洗ったあとは乳酸菌を飲んで補給しておく

また膣内の細菌バランスが崩れたときは
腸内細菌バランスも崩れている場合が多め

  • 腸の刺激になるものを控える
  • 腸壁を修復する動物性タンパク質をとる
  • ビタミンB群、亜鉛をとる
  • 抗生物質は感染症の時以外は安易に使わない

膣内乳酸菌を保ってアラフォー女子も健康

女性の健康は女性だけができること
あなたの女性としてのパワーは
デリケートゾーンの性質を知ることで
どんどん高めていくことが可能

きれい好きはほどほどに
適度にしておくことで本来持っている力を呼び起こす
菌と仲良くなって一クラス上の免疫力
手に入れませんか?

広告

膣内洗浄の害と乳酸菌による自浄作用

広告
あわせて読まれている関連記事
広告