マインドフルネス瞑想-疲れたらボーッとする

桜井純のつかれパターン

私はどちらかというと「がむしゃらタイプ」
気がつくとつかれをためこんでいることがあります

とくに仕事がたてこんでいるときは危険
ゆっくりする時間は0でひたすら作業作業

「時間内に終わらせなきゃ…」

食事していてもそのモードのままですから
ゆっくり味わうことなく仕事のことを考えながら
上の空で食べているような感じ…

これって危険ですよね?

つねに非常時モードのようなもので
心と体が緊張しっぱなし。

ある日突然「うつ・自律神経失調症」になっても
おかしくない状態です

アラフォー女子-いそがしい1

あなたの側にはリラックス環境がありますか?

疲れをとってくれる大自然

疲れがたまったとき、あなたはどうしますか?
私の場合、田舎育ちですから
山や緑を見にいきたくなります。

遠くをみてると眼のつかれもとれますし。

なんといっても、
緑が作ったばかりの酸素はとてもフレッシュ

その木の香りもまじった空気を肺いっぱいまで
おもいっきり吸いこむんです。

耳元には、やさしくそよぐ風が「サーッ」と通りすぎ
はるか上空にフワリとうかぶ
まっ白なまるで綿菓子のような雲。

心がただリラックスします

雲1

東京はリラックスできない場所?

でも東京でくらしていると
山とか緑の多い場所が少ないんです。
あってもだいぶ遠距離

「近所のカフェにいけばいいんじゃない?」

そんな声もありそうですが
現実的には喫茶店すら混みあっていて
リラックスしづらいのが東京です

自宅でリラックスできれば最高

もし、家で気軽にリラックスできれば最高ですよね
それが可能になる方法があります
しかもかんたんでいつでもできます

その答えは..

 

 

 

「家でただボーッとする」

家1

自宅でボーッとする

ボーっとするための準備

ただし、最低限の準備は必要です。

  • お気に入りの椅子に座る
  • 好きな音楽をかける
  • いい香りのアロマオイルを放つ

これを無意識は「大事な儀式がはじまる暗示」と判断

「いつもの部屋なのにいつもとは何かが違う..」

という感覚を脳が持ち始めたら成功です

どんな風にボーっとするのか?

あとはただひたすらボーっとする。

眼は開いているようで閉じてもいるような
見えているようで見えていない状態

体の力が勝手に抜けてダラーンとした感じ
そうした自分の体の感覚だけをただ感じる
でも不思議と心はリラックス

アロマ1

ボーっとする=マインドフルネス瞑想

マインドフルネス瞑想の定義

これはいわゆる
「マインドフルネス瞑想」

かんたんにいえば
「今という時間にただひたる」

これにより脳のなかの雑念や不安ではなく
「ただ生きていることに意識をフォーカスする」

暴走した脳をしずめ、平穏な状態を再確認
これだけでストレスはなくなります。

今目の前にある全てをあるがままに受け止める

もちろん、ストレス源に触れればストレスを感じます
触れたときだけ感じればいいことを
律儀にも触れていない後々まで想像し感じ続ける

それこそが正にストレス、雑念、脳の暴走であり
あなたの頭の中だけにある過去の妄想に過ぎません

暴走を静めて脳を休ませることで
あなたの生産性は再び回復し
過去や未来の不安に心を悩まされることは
なくなっていきます

瞑想1

休憩中に脳はデフォルトモードネットワークを停止

脳が暴走しているモードは
「デフォルトモードネットワーク」
とよばれます

この状態は脳エネルギーを浪費します

脳は全体内エネルギーの20%を消費しますが
そのうちの60〜80%が
デフォルトモードネットワークで消費されます

つまり全体内エネルギーの12〜16%が
デフォルトモードネットワークによって
つねに浪費される可能性があるのです

不必要な妄想がいかにエネルギーの無駄づかいか
あなたにも伝わったでしょうか?

脳1

あなたの妄想はどんなものですか?

アラフォー女子のばあい

■今日これからやる面倒な風呂そうじのことを
ずっと考えてしまう
(実際に苦しむ時間は未来の30分のみ)

■雨の中の子供の送迎がめんどくさくて
 今日はずーっと憂鬱
(送り迎えで苦しむ時間は自転車にのる20分だけ)

■会社の上司に来週までに頼まれた資料作成が
 めんどうで先送りしながらも気になっている
(はやく終わらせれば2時間でおわる)

google社もマインドフルネス瞑想を導入

マインドフルネス瞑想は
google社がシステムエンジニアの心の健康のため
「マインドフルネス瞑想タイム」
を作ったことでさらに有名になりました

広告

googleといえばいまや世界有数のIT企業
社員はえりすぐりのエリートばかり
そのgoogleが採用するくらい効果のある手法なんです

広告

日常にマインドフルネス瞑想をとりいれる

こんな素晴らしい効果のあるマインドフルネス瞑想
日常の中にとりいれていきたいですよね?

  • 家事の合間
  • 子供を送ったあと
  • 仕事の休憩時間
  • 食後の一服時
  • 寝る前

やろうと思えば隙間時間に挑戦可能です
細切れに1分でも5分でも構いません

おすすめはバスタイム
お気に入りの石鹸の香りで気持ちをリフレッシュしたら
湯船につかってリラックスしながらボーっと
マインドフルネス瞑想タイム

ストレスも体のつかれもふきとびます

ボーッとマインドフルネス瞑想
ぜひあなたもはじめてみてくださいね!

広告

お風呂でマインドフルネス

あわせて読まれている関連記事
広告