納豆は日本の伝統食品

納豆といえば日本の伝統色品
気軽に食べられて
醤油をたらすだけで美味しさ倍増

独特のネバネバした食感は納豆ならでは
すこし強めの臭いも
発酵食品らしくて個性的

豆のサイズや形によって

  • ひきわり納豆
  • つぶわり納豆
  • きざみ納豆

食感やねばつき状態も
その日の気分で種類をかえることで
あきずに納豆を楽しむことができます

納豆は日本人の定番食品なのです

納豆1

納豆は動脈硬化を予防する

ところがそれだけでなく、
納豆には体を守る作用が隠されているとすれば
あなたはどう思いますか?

納豆をふだんよく食べる人はそうでない人に比べ、脳卒中で亡くなるリスクが約3割低いとする調査結果を岐阜大のチームがまとめ、米国の臨床栄養学の雑誌で報告した。

納豆に含まれ、血管が詰まるのを防ぐ作用がある酵素などがかかわっている可能性がある。

納豆で脳卒中死亡リスク3割低下 岐阜大が3万人調査

納豆にふくまれる酵素
「ナットウキナーゼ」には
血栓を予防する効果があるのです

脳卒中だけでなく
動脈硬化、心筋梗塞、脳梗塞などへの
予防効果が期待されます

ただし
脳梗塞や脳血栓の治療で
「ワーファリン」
などの薬を飲んでいる場合

納豆は逆効果のためひかえること

納豆菌の整腸作用で便秘予防

納豆にふくまれる納豆菌には
整腸作用があり
下痢・便秘・腹部膨満感
などの不調を整えてくれます

さらに納豆菌は
腸の中にある乳酸菌をふやす働きがあり
整腸作用・乳酸菌増殖と
一人二役のすごい菌なのです

「乳酸菌と納豆菌は
組み合わせで効果が倍増」

よくおぼえておいてくださいね!

納豆にふくまれる抗酸化物質「セレン」

ネバネバと臭いの強さは伊達じゃない
強い効果を持った納豆

納豆にはセレンも豊富にふくまれています

セレンはがん治療にも使用されるほど
強い抗酸化機能をもち
老化をふせぎます

ところがセレンをとりすぎると
肝機能に影響することがあり
逆効果となってしまうのです

3パック以上の納豆を毎日食べ続けることは
ひかえてください

2パックまでにとどめておきましょう

納豆と大豆イソフラボン

納豆にふくまれる「イソフラボン」は
女性ホルモン「エストロゲン」と
よく似た働きをもっています

アラフォー女子-納豆2

女性ホルモン「エストロゲン」の働き

エストロゲンは女性らしい体を作るのに
かかせないホルモンです

肌を美しくし
女性らしい曲線のある体をつくってくれます

イソフラボンがエストロゲン不足をおぎなう

イソフラボンが
エストロゲンと同じ働きをすることで
エストロゲン不足による体調不良を改善し
女性らしい美しさをたもってくれます

イソフラボンの働き

抗酸化

強い抗酸化力をもち
体にダメージをあたえる「活性酸素」
のはたらきをおさえてくれます

更年期障害改善

女性ホルモン「エストロゲン」
と同じようにはたらいて
更年期障害を改善してくれます

美肌

美しい肌をたもち
また抗酸化力によって
紫外線のダメージから肌を守ってくれます

イソフラボンのとりすぎは危険

いいことばかりのように思える
イソフラボンですが
とりすぎると逆効果です

多量のイソフラボンとバランスをとるために
エストロゲンと同じく重要な女性ホルモンである
「プロゲステロン」
の量がおおくなってしまいます

これはホルモンバランスが崩れた状態であり
生理不順(PMS)の悪化や
さまざまな体調不良につながってしまいます

多ければいいことばかりではないのです

納豆は手軽に食べれる栄養食品

納豆はどこでも売っていますし
すぐ食べることができる栄養食品です

動物性たんぱく質にあきたときや
食欲がないとき
腸がつかれているとき
納豆はあなたの力になってくれます

アラフォー女子-納豆3

しかも動脈硬化や便秘を予防し
女性らしい体系も作ってくれ
セレンなどの栄養素もとれてしまう
まさにスーパーフード

適量の納豆をうまく食生活にとりいれて
更年期も便秘もこわくない
強い力を手にいれませんか?

「納豆2大力」-動脈硬化・便秘解消で美しさキープ2 | アラフォー女子健康カンリ

広告

広告
あわせて読まれている関連記事