ピルのメリット


経口避妊薬
子供は欲しくないが夫婦生活を楽しみたい
確実に避妊をしたい女性から支持

満足できる夫婦生活がもてることは
まさに生きる喜びであり
心と体を解き放つすばらしい時間です

しかし意図せぬ妊娠は
大きな負担となります

定番のコンドームは破れなどのリスクがあり
妊娠の可能性もが2%ほどあります

しかしピルは正しく飲み続ければ
妊娠リスクは約0.3%

副作用のリスクが少ない
低用量ピルも存在します

避妊目的でなくても
ひどい生理痛(PMS)改善に
ピルを選択する女性が増加しています

ピルは女性の間にひろく浸透しているのです

アラフォー女子-ピル1

ピルのデメリット

こうしてメリットばかり書くと
すばらしいことばかりのようですが
ピルが合わない人には
副作用ばかりが目立つことになります

そのデメリットである副作用は

  • 血栓症
  • 不正性器出血
  • 吐き気
  • 頭痛
  • 乳房痛
  • 月経過多

これらが現れるかどうかは体質によりけり

まったくでない人もいれば
ひどくでてしまい鬱のようになったり
イライラして何も手につかないケースも
存在します

ピルと緑内障

ところがこれだけにとどまらず
ピルにあらたな副作用がみつかったのです

日本では一般的に「ピル」と呼ばれている経口避妊薬を3年以上服用している女性は、服用していない女性と比べて緑内障または高眼圧症を発症するリスクが高いという研究結果が『Ophthalmology』誌に掲載された。

 今回の研究は、カリフォルニア大学サンフランシスコ校のYe Elaine Wang氏らによるものである。Wang氏らは、2005〜2008年の米国の国民健康・栄養調査に参加した40歳以上の女性3406例のデータを解析し、経口避妊薬の服用歴と自己報告による緑内障および高眼圧症(計231例)との関係を検討した。

 その結果、経口避妊薬服用歴3年以上の女性は、緑内障または高眼圧症の有病率が約2倍も高いことが示された。

避妊薬「ピル」で眼の病気に!? 知っておきたい、低用量でも副作用のリスク

これはもちろん低用量ピルも例外ではありません

親に緑内障患者がいたり
 自分の眼圧が高めな人は
特に注意が必要」
です

ピルによる緑内障

ピルで緑内障になる原因

この緑内障ですが
ピルの最大の副作用である血栓症により
血栓が網膜の血管にできてつまり
眼圧が上がって
緑内障になっている可能性があります

よって日頃から血栓症の可能性がないか
注意することが大切です

血栓症の見分け方

 血栓症の可能性には日頃から注意し、前触れ症状と言われている①下肢(ふくらはぎ)の痛み、②胸痛・息苦しい感じ、③激しい頭痛、④視界の異常・目のかすみ、⑤片側の痺れ・ろれつが回らない・長く続く腹痛などが現れた場合には、すみやかに医療機関を受診

避妊薬「ピル」で眼の病気に!? 知っておきたい、低用量でも副作用のリスク

血栓症は血流が悪い状態です

血栓症がひどくなって長期化すると
あらゆる病気をまねくことになります

すこしでも心当たりがあるなら
ピルを中止するか
医師と相談することをおすすめします

アラフォー女子-ピル2

ピルの副作用を理解する

薬には必ず副作用があります
そのデメリットもふくめて
あなたのプラスになるか
しっかり考えてつかわなければなりません

ピルは飲み忘れによって効果が下がるため
自己管理が徹底できないと
逆に妊娠リスクにさらされることもあり
計画的につかうことが重要です

PMS改善なら栄養だけでも効果的

PMS改善目的であれば
炎症の原因となる

  • サラダ油
  • 糖質のとりすぎ
  • 添加物
  • 夜ふかし
  • 不規則な生活
  • 過度のストレス
  • 揚げ物やスナック菓子などの過酸化脂質

こうしたことをさけ
タンパク質やビタミン、質のよい脂質
をしっかりとるだけでPMSは変わってきます

サラダ油1

ピルのリスクはあなたの行動で変わる

あなたの行動により
あなたの将来は左右されます

心身ともに安定した生活をおくるためにも
ピルによる緑内障
リスクを知ることからはじめませんか?

広告

「ピルの副作用」-3年以上服用で緑内障リスク2倍! 2| アラフォー女子健康カンリ

広告
あわせて読まれている関連記事
広告