鉄不足の原因は女子特有の「生理」

女性には
「子供をお腹に宿す」
すばらしい能力があります

人類が繁栄しすばらしい世界を作り上げたのも
すべて女性の体を通して育ってきた人たちのおかげ

女性の子供を育てる能力がなければ
今のあなたはは存在しないのです

女子が生理で失う鉄の量

ただ、女性は妊娠することができるぶんだけ
何かとメンテナンスが大変です

特に日常的にくる「生理」

この生理があるために
女性は大量に血液をうしないます

血液を失うということは
血液にふくまれている鉄分も同時に失います

具体的にどれくらいの鉄を失っているのか?

気になる生理での鉄排出量は…
毎月17mg

また、小便など排泄によってもでていきますから
生理排出量と合計すると
毎月40mg

これを1日あたりに換算すると
毎日1.3mg

これに加えてアラフォー女子は家事、育児、仕事
毎日やることが多すぎて
心と身体の疲れで鉄はもっと減ってしまいます

「フェリチン」を上げることで貧血はよくなる!

失ってしまった鉄分をとりもどすには
どうすればよいのでしょうか?

血清鉄とフェリチン

病院で貧血の検査をすると
多くの場合「血清鉄」という項目のみを検査しますが
血清鉄だけでは鉄の体内貯蔵量を知ることは不可能です。

体には鉄をためこむ機能があり
ためこまれた鉄は「フェリチン」とよばれ
内臓や筋肉などに貯蔵されています

フェリチンは生活するうえでとても大事な鉄の貯金で
フェリチンの一般的な数値は
女性で0〜50、男性で100〜300くらいが標準です。

貧血女子のフェリチン

ところが貧血気味女子のフェリチンは
わずか0〜10しかありません。

これは体にとって危機的状況です。

鉄には体中に酸素をうんぱんする機能がありますから
フェリチンがこれだけ低いと体内の酸素料も少なくなり
とてもつかれやすい体質になってしまいます。

これまで「つかれた状態が当たり前」と思いこみ
長い年月をかけて我慢強く慣れてきたために
いつもしんどい状態を我慢している女性は
予想以上にたくさんいます。

「身体・精神エネルギーがほとんどない状態」

もうそれを我慢しなくてもいいのです。
フェリチンを上げることで貧血は改善します。

妊娠・出産後のフェリチン低下に要注意

もしフェリチン50〜100と高くても
妊娠・出産を予定している場合は注意が必要です。

赤ちゃんの成長のためにお母さんの栄養の多くは
赤ちゃんにわたされます。
特に鉄分は赤ちゃんにとっても大事な栄養なのです。

妊婦には、妊娠期間を通して鉄700〜800mg
(造血に500mg、胎児および胎盤組織に250〜300mg)
を補給する必要があります。

その結果、出産後にお母さんのフェリチンが
いっきに一桁まで落ち込み
肉体的・精神的にダメージを受けます。

「産後ノイローゼ・産後うつ・産後クライシス」

と呼ばれる夫婦の危機にまで発展するケースもあり
表に出ないものをふくめると相当数にのぼるとみられています。

こんな苦しみも
失ったフェリチンをまた貯めるだけで解決できるんです!

せっかく子供を授かって幸せいっぱいなのに
不幸になっていくなんてありえません。
なんとしても回復する必要があります。

「ヘム鉄」で鉄分を効率的にとりもどす

どうやったらしっかり鉄分を貯蔵できるのか?

鉄はたんぱく質にふくまれていますが
たんぱく質には
「動物性・植物性たんぱく質」の2種類が存在します。

動物性食品にふくまれる鉄は「ヘム鉄」とよばれ
植物性たんぱく質にふくまれる鉄よりも
体内への吸収率が高く
全体の約20〜30%が吸収可能です
(吸収率は胃腸の状態や食べ方、栄養量で変化)

動物性たんぱく質をとらないと胃腸の壁が薄くなる

もしあなたが菜食主義のビーガンであったり
もともと胃腸が弱くて脂質消化が不得意であるために
肉や卵などの動物性たんぱく質を長期間さけていた場合
胃腸がどう変化していくと思いますか?

「負担をさけていたから休養できて胃腸も強くなっている」

そんな風に考えるかもしれません。

ところが実際は真逆なのです。

胃腸壁はたんぱく質でできているため
その材料となる動物性たんぱく質がないと
胃腸の壁は薄くなり消化吸収能力も大幅に低下します。

これにより体質にもよりますが
鉄の吸収率は0〜10%まで落ち込んでしまいます。

アラフォー女子-肉1

ヘム鉄をとるために必要な動物性たんぱく質の量

フェリチンをあげ鉄不足を解消するためには
このヘム鉄を食品からとることが大切です。

ヘム鉄をふくむのはおもに肉、卵、魚、貝類です。

しかし貝類をいつも食べるのは無理があるため
あえて除外し肉と魚にしぼりました。

女性が1日に必要な鉄分は18mg
妊娠女性が1日に必要な鉄分は27mg

この量を食べ物からとるとすれば
どれだけ食べる必要があるのでしょうか?
一覧にしてまとめてみました。

「1日分の鉄をとるために必要な食材料」

  • 豚レバーだけなら———-180g
  • 鶏レバーだけなら———-200g
  • 卵だけなら—————–14個
  • 牛ヒレ肉だけなら———-400g
  • 鶏モモだけなら———-2,500g
  • 豚モモだけなら———-4,500g

こんなに食べなきゃならないんです!
はっきり言って無理です。

しかも鉄のためだけに無理して食べていると
ストレスになって逆効果。

サプリメントで鉄分をとる

上手にサプリメントをとりいれて
貧血を解消するのが一番楽かなと思います。
無理は続きませんので。。

「albion社のフェロケル鉄」
を使用したものがおすすめです。

特殊なキレート加工がされており
吸収力も高く胃腸への不快感もありません。
(「キレート=吸収率を高める技術」と思ってください)

日本の医薬品やサプリメントは特許の関係上
キレートを使っていないものが大半です。
使うなら使用料を払わなければなりませんから・・・。

キレートなしの栄養剤なんて消化吸収を考えれば
コストパフォーマンスが悪くて使い物になりません。

さらに医師が処方する鉄剤「フェルム」などは
吐き気が出て飲めないケースがおおいですが
フェロケル鉄はそうしたが心配なく安心して使えます。

鉄サプリをとるときの注意点

食事前後にコーヒーや紅茶などの
カフェイン飲料をとるときは1〜2時間空けてください。

鉄と亜鉛を一緒にとると吸収率が下がります。
両方とっているときはなるべく別にとってください。
朝食・昼食・夕食で使いわけることをおすすめします。

下のサプリメントは名称はなぜか異なりますが同じフェロケル製品です。
上が18mgで下が36mg

18mgの鉄を食後に1〜2カプセルとってください。
36mgの場合は1カプセルで。

鉄不足による症状がひどい方は
栄養療法の医師の指示をうけることをおすすめします。

より適切な鉄材の適量が分かるかもしれません。
(私の知っている範囲では36~70mgですが
高容量になるほど同時に様々なリスクが多くなります)

広告

私が鉄サプリをとっていた時のお話

私も以前は鉄サプリを飲んでいました。

私が副腎疲労になり最初に通った栄養療法のクリニックで血液検査をするとフェリチンはだいたい200ほどありました。(2012年くらいかな)

そのデータをみて担当の医師は「ヘム鉄」のサプリメントを飲むことをすすめてきました。

それから栄養療法のクリニックに通うのはやめましたが自分で研究しながらフェロケル鉄を3年ほど飲みました。

ですが体感的に違いがわからなかったことと、フェリチンが300をこえてしまったのでもう必要ないだろうと思い最終的に飲むのをやめてしまいました。

今思い返すとそもそも私の場合はフェリチンが高すぎたんだと思います。

何らかの原因で鉄がうまく使われておらず、その使われなかった鉄がフェリチンにまわっている可能性が高い。

胃腸・肝臓や膵臓・ホルモン分泌に原因がありそうですが、とりあえず私の場合は肉や魚、卵の鉄分だけで十分と自己判断しています。それで体感に問題がありませんから。

ただこれは男性である私のケースで、経血がある女性の場合はまた話が変わってきます。

サプリなしでもいける人はいるとは思いますが、それ以上にしばらくはサプリを飲んだほうがいいであろう人が多いのはfacebookやtwitterのコミュニケーションから容易に想像がつきます。

とりあえずフェリチンが30もないような人はフェロケル鉄を飲んだほうがいいでしょう。

その時の体感がどんな感じか、よく覚えておいてくださいね。

体感は多くを語ってくれます。(ちょっと聞いたことがあるような決めゼリフ…)

フェリチンは多ければ多いほどいいわけではない?

上で触れましたが、フェリチンが高ければ高いほどいいとは私は思っていません。

私もフェリチン300越えを記録しましたが、まったくもってムダな努力だったと感じています。

だって体感がよくならないのですから。

初めて測定したときの200でもきっと多かったはずです。

私の場合フェリチンが高いことはなにかの代謝がうまくいってないことのサインでした。

栄養療法に通う前、私は副腎疲労に苦しんでいました。

それでもたまに卵や肉を食べてはいたのですが、おそらくあまり吸収されておらずそのままフェリチンになっていたのでしょう。

その結果がフェリチン200

消化吸収を考えないといくら食べても無駄で終わります。

そして消化吸収がうまくいかないことを教えてくれるのは体感です。

もちろん体感が小さくてもサプリを飲んだほうがよいケースもたくさんあります。

不調であることは体感センサーが曇っているような状態です。

本来ならわかる不調でも別な不調が大きすぎることによってかき消されてしまうのです。

ですから体感は日記にしておくといいかもしれません。後で冷静に判断できますから。

ですがフェリチンに関しては体感をもっと重視していいと私は思っています。

鉄不足の女性ならフェロケル鉄で鉄が足りてくると明らかに体感が変わります。

女性であればフェリチン50くらいが男性の100~150に相当するのではないかと私は予想しています。

このラインが健康上体感がよくすごせるラインの可能性がありますがここら辺は私も探求中。

分かり次第アップデートしたいと思っています。

いずれにせよフェリチンは無限に上げていくものではなく体感を重視し、消化吸収がうまくいっているか、ホルモン分泌の不具合がないかをチェックすることをぜひお忘れなく。

(ホルモンであれば、甲状腺ホルモン・コルチゾール・インスリン・グルカゴン・レプチン・グレリンあたりが気になります)

くりかえしになりますが

体感>データ

これを大切にしてくださいね。

広告

鉄をとる場合、定期的な血液検査を

とりあえずはフェリチン50くらいを目指して鉄をとります。

数か月ごとに血液検査でフェリチンを測定してください。
50近くなったらフェロケル鉄の量を調節します。

下がらず上がらずくらいの維持にするため
以前より少ない量で鉄を維持していきます。

血液検査をせずに自己流で済ませていると
亜鉛との体内バランスが崩れたり不具合が起きることもあります。

(献血でフェリチンまでわかるとありがたいんですが…)

体内で大事なのは鉄だけではありません。
ミネラルはあなたの体内で独自のバランスをたもっているのです。

鉄ばっかり多くとると亜鉛が少なくなったりと
体のミネラルバランスを保つのは案外大変なのであります。。

おすすめの動物性たんぱく質は卵

サプリで鉄をとる場合でも
必ずいっしょにタンパク質をとってください。
そのほうが吸収率がとても高まります。

豚・鶏レバーは圧倒的に鉄が多いのですが
脂溶性のビタミンAを高用量ふくんでいたり
味も苦いためにたくさん食べるのは
むずかしいことでしょう。

そこで
安全かつ低価格で消化しやすい高栄養食品として
をおすすめします。

1つの命が卵からできるわけですから
そこには大変多くの栄養がバランスよく含まれており
その栄養価の高さから卵は
完全栄養食品」とよばれます。

1個の卵でおよそ1.0~2.0mgほど鉄分をとれます。
卵の場合は少量でも栄養吸収率が高いのでこれでも十分。

卵なら効率的にフェリチンをあげ
鉄不足を解消可能できますから毎日最低2個は食べてほしいです。

アラフォー女子-卵1

卵を食べる時の注意点

注意点として、
生卵の白身に含まれるタンパク質「オボアルブミン」は
アレルギーの原因になります。

半熟でもいいから
必ず火を通して食べることをおすすめします。

最初から卵4個はきついですから
2個くらいからだんだん増やせば
体が慣れてきてふつうに食べられるようになります。

貧血が解消したときがあなたの人生の最スタートだ!

貧血で苦しんでいた期間は
あなたが本来持っている力の50%以下で
生きてきたのです。

貧血を解消できれば
100%の力をずっと発揮し続けることができます。

これはまさに人生の再スタートです!

たとえていうなら子供の頃のつきないパワーが
もどってきたような感じでしょうか。

あたりまえに心も体も安定し
体力も高い状態がつづく幸せ
そんな当たり前の幸せを
フェロケル鉄・卵をとることで手に入れていきませんか?

「鉄とフェリチン」-女子の貧血解消には”フェロケル鉄+卵”が最強だ! 2| アラフォー女子健康カンリ

広告
あわせて読まれている関連記事
広告