糖質制限の波は外食チェーン店にも

質制限メニュー
どんどん飲食店でもメニューに取り入れ
糖質制限客の取り込みが開始

飲食店は新しい層へのアピールが可能
糖質制限者は外食先でも糖質制限食が食べられる
まさにお互い笑いが止まらない関係

2017年1月24日より、牛丼チェーン店「松屋」の一部店舗で、各種定食の「ライス」を+50円で「白菜と豆腐」に変更出来るサービスが開始されました。
実は同じく牛丼チェーン店の「すき家」にも、カロリー・糖質カットメニューの「牛丼ライト」があります。こちらはご飯の代わりに豆腐を入れ、ゆずポン酢をかけたもの。
その他にも、「はなまるうどん」では「サラダうどん」の麺をブロッコリーに変更、ラーメンチェーンの「舎鈴」では麺を肉に変更、「モスバーガー」ではバンズの代わりにレタスを使った「モスの菜摘」というメニューがあったりします。

また、ファミリーレストラン「ガスト」では糖質が気になる人のためのメニューが用意されており、「糖質0麺」を使ったチゲやタンメン、サラダで食べるハンバーグ、糖質控えめアイスケーキといった品がメニューにずらり。

「いきなりステーキ」では糖質制限対応と称し、ランチメニューのライス抜き100円引き、直営店舗では付け合わせのコーンをブロッコリーやインゲンに変更可能といったサービスを実施。しかもブロッコリーやインゲンは100円で増量可能なので、ライスを抜けばお値段そのままに野菜を増量できて、十分に満足感を得られるかも?

飲食チェーン店で続々「糖質制限」メニュー登場! ライスを豆腐に、うどんをブロッコリーに!?

ご飯や麺の代替品は何?

  • ご飯 ➡ 豆腐
  • 麺  ➡ 肉、野菜、糖質0麺
  • パン ➡ 野菜

糖質のかわりに多くの人が食べれそうな
肉、野菜、豆腐などで代替しているのがわかります

広告

糖質抜き割引

糖質を抜きにすることで値段を下げ
糖質制限者にも目を配ったサービスも

ランチメニューで100円引くだけでも
何もないよりずっとまし

チェーン店の糖質制限メニュー充実に期待

全国にあるチェーン店は旅先でも活躍

まだ始まったばかりなので
選択肢は少なめですが
糖質制限がチェーン店にまで広がったことは事実

チェーン店は全国どこでもあるので
どこに旅行に行っても選びやすいメリットが

この流れに乗じて2番手3番手のチェーン店が
糖質制限対応メニューを出してくると思われます

すき家が糖質30g以下の2メニューを追加

牛丼チェーン店大手のすき家が
1食あたりの糖質量を22g、28.5gにおさえた
新メニューを2017年4月5日から販売開始

  • 牛丼の具を載せた牛麺
  • 牛肉やキムチがのった牛ビビン麺

たくさん食べれて糖質も少なめなら
まさに理想的ですね
[2017/04/05追記]

さらなる糖質制限メニューの充実

これからますますメニューは充実してくるはず
糖質制限者は今後のメニュー発展に注目しながら
美味しい料理を楽しんでいきたいですね🍴

広告

チェーン店でも糖質制限メニュー

広告