精神安定剤デパス依存症

パス
もともとは鬱などの不安を減らす
精神安定剤として処方
筋弛緩作用があることから
腰痛頭痛などはばひろく処方されるように

一定期間利用して治ったらやめるのであれば問題は0
ところが…
多くの患者がデパス依存症におちいり
多量のデパスを飲み続けているのです

デパスの働きと医療現場での利用法

デパスには心身の緊張をほぐし
眠くなる副作用があり
これを逆に利用しかるい不眠症治療に、あ
また睡眠導入剤としても処方されています

また上でも取り上げたように
筋弛緩作用を利用して
肩こり頭痛解消のために
内科でデパスが処方されることも

おなじく整形外科で腰痛解消のために
デパスが処方されることも日常的

なぜデパスはすぐ処方されていたのか

どうして医師はすぐデパスを処方するのか?
それはデパスの効き目が早く分かりやすいから

デパスは切れ味のよい薬

医師はさまざまな症状にはばひろく対応でき
患者からの評判もよいデパスを
つかいやすい薬として処方するケースが増加

こうしてデパスに依存するたくさんの患者が
できあがっていきました

デパスの依存性

しかしデパスには大きな問題があります
それは「依存性」

効き目のよいデパスですが、
長く利用しているとだんだん耐性ができて
同じ量では効き目が悪くなってきます
そうして気づけば大量服用するはめに…

逆にデパスがないと不安になるような
新しい不安を作り出してしまいます

またデパスは効き目がよいため
精神的な依存を作りやすく

「何かあってもデパスがあれば大丈夫」

そのように考えながらお守り代わりに
デパスを利用し続ける患者が多数いるのです

比較的ききやすいことから精神的依存度はかなり高く

「つねにデパスがないと・・・」

そうした依存性を持っていることを知らずに
患者が使い続ける危険性がありました。

デパスの多剤処方

内科で頭痛でデパスを処方され
整形外科で腰痛でデパスを処方

こういった場合には薬局で薬の説明をうけたり
薬の説明書をしっかり読まないかぎり
デパスが精神安定剤でもあることに気付きません

安易な薬の利用はあなたをほろぼします

アラフォー女子-3

ついにデパスが向精神薬指定に

デパスはこうした経緯から
2016年10月14日に厚生労働省から
向精神薬指定されました
乱用や依存の危険があり
慎重に管理・使用すべき薬になったのです

向精神薬は安易に利用すると依存で痛い目に

「じゃあもう安心だね!」

いえいえ、全くそんなことはありません
ほかにも幅広く処方されている
依存性のつよい薬はたくさんあります

また複数の科を受診している場合
多剤処方による問題ものこっています

薬を利用するときは
説明書をしっかりよみ副作用を知る

長期的にのむばあい
医師と相談の上いつごろやめるか
治療計画を聞いておく

はっきりいってこうしたことに真剣に取り組む医師は少ないはずです

だって薬をやめられたら収入になりませんから

ですから断薬計画まで進めてくれる医師がいるとすれば
とても良心的で信頼できる医師であるといえるでしょう

そうした医師に会えたあなたはラッキーかもしれません

広告

アラフォー女子-薬4

薬依存になる前に考えるべきこと

すぐ薬にたよる前に
できることはたくさんあります

精神的に医療に依存せず
自立心をもって体を整えていく
だんだんとそういう気持ちをもてれば
副作用になやむ人生にサヨナラできるはず

デパスに頼る前にできることはたくさんあるのです

広告

「デパス」の恐ろしい依存症-腰痛・不安万能薬は向精神薬指定1 | アラフォー女子健康カンリ

あわせて読まれている関連記事
広告