質とは
含有化学成分、温度、PH
様々な特徴の区分

およそ9種類
温泉分析書にて泉質を明示

第一回目はよくみかける
“単純温泉”から見ていきましょう!

1.単純温泉

基準と特徴

含有成分量が少ないもの
体に優しく高齢者向き
刺激が少ないため脳卒中のリハビリにも

PH8.5以上だとアルカリ性単純温泉と呼び
美肌効果がある

現在では温泉全体の40%を占める
一番多い泉質

泉質別適応症

神経痛・筋肉痛・関節痛・五十肩・運動麻痺
関節のこわばり・打ち身・くじき・痔
・消化器病・冷え性・疲労回復・病後回復期
・自律神経失調症・不眠症・鬱

該当する有名温泉

  • 下呂温泉(岐阜県)
    日本三名泉
    泉質はアルカリ性単純泉、無色透明
    ほのかな香りととてもまろやかなお湯

  • 鹿教湯温泉(長野県)

    江戸時代から続く湯治場で
    国民保養温泉地(環境庁指定)

広告

あなたの街の単純温泉を探す

単純温泉は温泉療法初心者に最適
まずは単純温泉に湯治をして
お試しをしてみるのもよい選択

家の近くの単純温泉を探して
日帰り入浴をくり返すのも
やらないよりはずっと効果的

幅広い対応力のある単純温泉
温泉療法と気負わずに
楽しむところから始めてみませんか?

温泉療法3

あわせて読まれている関連記事