アラフォー女子はリュックよりバッグ派?

一流ブランドバッグはファッショナブル

あなたはいくつのバッグをもっていますか?

  • エルメス
  • ルイヴィトン
  • クロエ
  • ルエべ

一流海外ブランドの高級バッグは
持つ人の心をつかむ魅惑のデザイン
そして脳を刺激する特別なカラー

もっているだけで気持ちが盛り上がるような
特別な日のために特別な気持ちになれる
そんな効果があるのです

ここぞという時にはやはり
心も引き締めてくれそうないいものをもちたいのが人情ですよね

もつと軽くはないのですが皮の質感も心を動かします

きっとあなたもリュックよりバッグの数のほうが
多いんじゃないでしょうか。。

  • お化粧品
  • 財布
  • ハンカチ
  • 生理用品
  • スマホ
  • タブレット
  • 手帳
  • 書類
  • 眼鏡

女性が大事なものをいれるのは
ポケットではなくバッグ

女性にとってバッグが大事なものであるのは
言うまでもない事実なのです

ハンドバックの長所と短所

長所

  • すぐに物が取り出せる
  • トータルコーディネートでバッチリきまる
  • ファッションとあわせて変化を楽しめる
  • 手でつかみやすい

短所

  • 片手で持つから肩がこる
  • 右手だけつかれる
  • 身体の左右バランスが崩れる
  • 手がふさがるので不便
  • たまにおきわすれてしまう
  • ひったくりにあいやすい

ハンドバックは肩こりの原因に

素敵なバッグなんだから不便さはがまんして
気分をあじわうことが大切

でも体の左右差がくせになって
肩こりとゆがみがずっと続いたら
楽しい気分も台無しに…

家に帰ってからどんよりした気分を味わうのです

また、体の左右差は
頭痛腰痛、関節痛の原因にもなります

これはハンドバッグだけでなく
肩にかけるショルダーバッグでも同じこと

いくら楽しい気分をあじわえても
不愉快な症状がでてしまうなら
いちど考えなおしてみたほうがいいかもしれません

リュックで猫背改善・背筋強化

そこでふだん使いのバッグをショルダーバッグなどでなくリュックにすることをおすすめします

「リュックなんてかっこ悪いし背中が蒸れるからイヤだな・・」

そう思うかもしれません。

でもそんなことにならないよう選択肢を用意しております。。

リュックのメリット

  • 両手をつかえる
  • 腕をふって肩をまわして歩くことで肩こりしらず
  • 重い荷物を背中にしょってあるくことで背筋を強化
  • 重心バランスが後ろに行き猫背の改善にも効果的

重いリュックは、言うならば
「背筋強化マシン」
買い物をこなすだけでも猫背がなおっていくのです

背負うだけでいいのですから楽なもんです。。

 

リュック1

リュックで猫背をなおすポイント

これはとても大事な部分ですから残さず頭に叩き込んでおいてくださいね!

  1. リュックの重みにまけず上体(首)をもちあげる
  2. 肩ベルトの長さをを左右同じくする
  3. 肩ベルトにクッションが入ったものをつかう
  4. 肩ベルトを適度にしめリュックを体にちかづける
  5. 背中の”むれ”が気になる時はむれ防止のアウトドアリュックを使用

上体を持ち上げる

これはとても重要です。

リュックをしょうと体が負けてしまって猫背になっている人をよく見ます。

これはいけません。。

荷物に負けずに上体と首を上へ上へ(ちょっとだけ前へ)もっていく意識をもってください。

これによってリュックの重さに均衡する上体と首の力がついていき猫背が改善します。

肩ベルトの長さを左右で同じくする

これができていないことが多いのです。

というのもリュックの肩ベルトは使っているとゆるんできて左右の長さがちがってくることがとても多い。

こうなると体の左右差を作る原因となり逆効果です。

必ず定期的に肩ベルトの左右差をチェックしてください。

とはいっても毎回背負う前によく見るのはメンドクさっ!となりますよね。。

そこでかんたんなチェックの仕方を伝授しましょう。

背負ってから肩ベルトのストラップの位置(はみでた分の長さ)を確認するんです。

「それくらいやってるよ!」

というあなたは立派です。でも世の中にはそれすらやらない人のほうが多いんです・・・。忙しいんでしょうね。

下の写真でいえばストラップ(黒い金具)から下の部分の長さをチェックすればいいだけ。

(ちょっと見にくくてごめんなさい)

ストラップの位置が左右で異なっていればそれは左右差があるということ。

同じ位置までずらしてください。

リュックの肩ベルト

肩ベルトのクッション

これは地味に重要です。

あるていどの重さをこえるとクッションなしでは肩にくいこんでしまいます。

これでは痛くて不愉快ですから長続きしません。

クッションがしっかり入っているとくいこまず肩への負担も減ってきます。

楽しいくつづけるためにもクッションは大切です。

どれぐらいのクッション性が必要かは色々背負ってみるとわかってきます。

下の写真は私のアウトドアブランドリュックの肩ベルト。

けっこう肩ベルトが分厚くできているのが分かりますでしょうか?

立体感があってふっくらしています。

これくらいあると野菜や肉などをたくさん買い込んでも全然食い込みません。

重くはなりますけどね。

リュックの肩ベルトのクッション

肩ベルトを適度に締めて体に近づける

これも地味ですがとて~~も大切なこと。

よくリュックのベルトをゆるめてリュックがお尻のあたりにくるような”ゆるファッション”を楽しんでいる人がいますよね。

もちろんそれはそれでいいんですよ。

でもそのまま重いものをいれて背負ってはいけません。

まず重さが少なくても1.2~1.3倍くらいに感じるはずです。

リュックが体から離れてしまうことであなたの体の重心が大きく後ろにずれてしまいそれを修正するために余計な力が必要になります。

重いものを背負う時はリュックを体に近づけて背負えばリュックとあなたが一体化して重心がそれほどずれることはありません。

むずかしい話だったかもしれませんが、要は「重いものを背負う時はリュックを体に近づける」なのです。

蒸れ防止のアウトドアリュックを使用

上の写真のアウトドアリュック。

よくみると背中のオレンジっぽい部分に丸い穴が開いているのが確認できるかと思います。

オレンジの部分はスポンジ状の緩衝材。

背中にあたってもソフトなだけでなく、穴があることで通気口となり背中が蒸れにくいようにできています。

アウトドアリュックのいいところはこのように重いものを長時間背負っても不愉快に感じないような数々の工夫がほどこされているところです。

私のこのリュックはMILLET(ミレー)というフランスのメーカーで大手のアウトドアブランドですがデザイン性もよくおすすめです。

MILLETはフランス初のヒマラヤ登山隊に装備を提供したメーカーです。

1950年、フランス登頂隊は人類初の8,000m峰の登頂を果たしました。

ただ近年は少し作りが甘い部分をたまに見受けますので買う時はチェックが必要ですね。

(私もミレー商品で縫製があまい部分があり一度だけ交換してもらったことがありますが交換した商品は完全でした 対応も万全で素早かったです)

広告

おすすめリュック

プラロ / Milletミレー

14リットルの小型デイパックで女性のふだん使いにぴったり。

410gと軽量コンパクトでありながらオックスフォードナイロン420HD を使用し強度もバッチリ。

肩ベルトのクッション、蒸れ防止もOK

 Pivoter ザ・ノース・フェイス / The North Face

荷物が多めのあなたには27リットルの大型デイパックがおすすめ。

アウトドアウェアで確固たる地位を築いてきたアメリカ発のアウトドアブランドThe North Face。

雪山で勝ち取った圧倒的な信頼はデイユース商品でもゆらぎません。

600Dナイロンの丈夫な作り、肩ベルトのクッション、蒸れ防止、耐久力とどれもぬかりなし。

カラーリングもよくふだん使いでもお洒落な感じがするのはThe North Face社ならでは。

アークテリクス Arro 22

22リットルのデイユースとしては中・大型のリュック。

アークテリクスといえば始祖鳥マーク。

そしてアークテリクスといえばファッションにうるさい感度の高い人たちが愛用する1989年にカナダで生まれたアウトドアブランドです。

そのデザイン性の高さに加え機能性と耐久性に一切の妥協を許さない姿勢が今の不動の人気につながっています。

カラーリングセンスやデザインセンスはアウトドアブランドの中でつきぬけた存在。

もちろんお値段は高めですがそれに見合う内容が用意されています。

Arro22はアークテリクスのリュックの中では定番商品。

その矢のようなカーブのデザイン性の高さ、大胆なファスナーの配置、カラーリングセンスでアウトドアブランドにとどまらないお洒落さを演出できます。

1260Dインビスタバリスティックナイロンは軍レベルの強度、肩ベルトのクッション、サーモフォームバックパネルで背中にフィットと機能性も高め。(蒸れ防止はそれほどこだわっていない模様)

とにかくお洒落で丈夫な都会派リュックの代名詞です。

日常生活で猫背を改善するリュックは最強

運動は生活の一部としてやれば
負担も少なく時間も節約できて一石二鳥です。

あなたのつかいやすいリュックをえらんで散歩・買い物・おでかけ用とつかいわければさらに効果をたかめたり楽しむこともできます

リュックで背筋をきたえて猫背のない生活はじめませんか?

リュックで背筋強化-猫背をなくそう!1

広告
あわせて読まれている関連記事
広告