セリエA「長友佑都」

世界中からスター選手が集まる
世界最高峰のプロサッカーリーグ
それがイタリアの「セリエA」

アラフォー女子-イタリア1

その中でユヴェントス、ACミランと並んで
ビッグ3とよばれるチームがある。
その名は「インテル」

このインテルで活躍する
ある日本人選手の特徴は

  • 大型フォワードにも競り負けない身体能力
  • 高い俊敏性で1体1に強い
  • 強い闘争心と忍耐力

あなたは誰かわかりましたか?

 

 

 

正解は…
「長友佑都」

 

 

(著作権がありますので写真ではなくYouTubeで…)

長友佑都はケトン体

5月15日(日)テレビ朝日「やべっちFC」で
サッカー長友佑都選手の特集がありました。

そこで長友選手の口から出たのはなんと、
「ケトン体回路にしたい」

長友佑都がケトン体回路をつくりたい理由

1.90分間走りきれるエネルギー

 サッカーは前半も後半もそれぞれ90分。
 炭水化物だけでは
 すぐエネルギー切れになってしまいます。

 そこで体内の脂肪を分解して長時間つかえる
 ケトン体回路なら
 90分間ずっとパフォーマンスを維持できます。

2.集中力がアップ

 ケトン体は脳へ直接とどいて
 ブドウ糖と同じく脳のエネルギー源となります。

 短時間しかもたないブドウ糖とは異なり
 体内の脂肪からケトン体を生産し続けられるため
 集中力を保ちつづけることができるのです。

長友佑都の食事

食事メニュー

長友選手が食べていた
ある日のメニューをみてみましょう。

  • わかめときゅうりの酢の物
  • ブロッコリーとアーモンドのミルクスープ
  • アスパラガスとアボガドのサラダ
  • マグロのソテー
  • 納豆

イタリアといえばパスタですが、
パスタどころかご飯・パンなどの炭水化物が
一切ありません
納豆や野菜にふくまれる糖質くらいです。

一方でアボガドやアーモンドなど
質のよい脂肪酸をとっていることが分かります。

また、ナッツやチアシード、マヌカハニーなど
栄養価の高いものを意識的にとっている
ということです。

広告

夜は炭水化物をとらない

さらに
「夜は炭水化物を控えている」
のだそうです。

その理由は
「寝ている間に中性脂肪になって
体脂肪として蓄積してしまうから」

糖質が多いとケトン体回路になりにくい
ことも理由にあげられます。

ケトン体で持久力アップし大活躍

ケトン体回路にしてから
長友選手の出場時間は4倍以上に!

身体能力がアップして
バテない体になっただけではありません。

集中力がとぎれないので
つねにボールの場所や戦略、
選手の位置などに目を向けられるのです。

ケトン体が心身両面に大きな影響をあたえているのが
よくわかります。

アラフォー女子-サッカー4

 

ケトン体回路のすごさは長友佑都が証明済み

持久力と筋力が求められるサッカーの守備
ケトン体でどちらも維持できることが
長友佑都によって証明されました。

そして集中力もとぎれることなく維持できます。

これでもまだあなたは
「脂質は太る原因で脳と体には必要ない」
と言いきれますか?

ケトン体を知らない人は人生で損をしています。
自分に秘められた機能を眠らせたまま
一生を終えることになります。

何をえらぶのも自由で人それぞれ
あなたの選択肢
もう一度考えなおしてみませんか?

「ケトン体」サッカー-インテル長友佑都の持久力・集中力作戦 2| アラフォー女子健康カンリ

広告
広告