メンタルブロックとは?

桜井純もメンタルブロックもってます

最近ちょくちょく目にする言葉
「メンタルブロック」

あなたももうご存知なんでしょうか?
おはずかしながら私も
数々のメンタルブロックをいまだ所有中…

「長男だからいつか実家つがないと」
「いつも地道にやっておかないと失敗するかも」
「あいさつしたら返さないと」

意味不明なものから一見もっともなもの、
インパクトの弱いものから強いものまで

こんな義務感を常に自分に課していたら
人生うまくいくものもいかなくなりそうですね…

私の場合、「いつも地道に」
これのせいでリラックスがヘタで
よく疲れをためこんでしまいます

いつも地道である必要はなく
時には不真面目で適当な1日も必要ではないでしょうか❓
人間ですから機械のように生きることはできません

メンタルブロックの区分

結論からいうと
「メンタルブロック」を壊すことは
プライベートでも仕事でもかかせない重要事項

メンタルブロック=固定観念

【当然だと思いこんでいる不合理で不幸せな考え方】

たとえば・・

  1. まわりのみんなももそう考えてるにきまってる…
  2. T大学のA教授がいってるんだから間違いない…
  3. 自分の今の実力で試験に合格できるわけない…
  4. 年上にはいつでも敬意をしめさなきゃダメ!
  5. 親のいうことは絶対!
  6. 長男だから家をつがなきゃ…

これ、全部メンタルブロックふくんでます。

どこが不合理か、指摘していきましょう。

  1. まわりがどう考えてるかは直接きかないとわかりません(多数派)
  2. T大教授であろうと間違います(権威)
  3. まず試験をうけなければうかるかどうか誰もわかりません(自信)
  4. 年上と対等に接することでえられる関係も(序列)
  5. 親のいうことが子供の成長に悪影響なことも(家族)
  6. かわりに次男がつぐケースも(家族)

メンタルブロック外しが重要な理由

これ、「健康管理」をかんがえる上で
ものすごく重要なんです

なぜか?

もし仮に私があなたにプラスになる情報を伝えたとしても
あなたがマイナスになるメンタルブロックをもっていたら
プラマイゼロでなにも残らないから❌

最初にゆがんだメンタルブロックをはずす必要性が
お分かりいただけたでしょうか❓

アラフォー女子のメンタルブロック所有は当たり前

メンタルブロックは年齢に関係ありません
子供の頃のトラウマや心のすきをついてできるものですから
どんな人でもその罠にはまる可能性があるのです

「アラフォーにもなってまだ心の迷いがあるのか…」

と落ち込まないでください
メンタルブロックは巧妙にあなたの中に隠れて存在し
あなたをあやつろうと待ちかまえる死神なのですから…

健康管理とメンタルブロックの関係

健康管理で特にあてはまるのは、
2の「T大教授がいってるから」という
「権威」

私はかなりの本を読む人間です
平均して1年に150冊はよんでるでしょうか

長く読んでいて気づいたのは
間違った内容をかいている学者がけっこういること

ほかの本と比較したり
論文のこんきょをあたってみたり
自分で実践したときの違和感で
そのことがわかりました

これって怖いですよね
誰でもしってる有名大学の教授でも
間違っていることがあるんですから

間違いパターンで特に多いのが、

  • メインは正しいが部分的に間違っている
  • 前提・引用の論文、先行研究を無条件に信じすぎ
  • 「因果関係がない可能性を否定」しているだけ
  • 他人(特に民間)の最新研究を参考にせず視野がせまい

誤解してほしくないんですが、
決して研究者を批判したいわけではありません

考えを修正しながら
(これが出来ない人がいかに多いことか・・)
最終的にすばらしい理論を導いている
尊敬できる学者もたくさんいます

人は誰しも間違える

ここで私がいいたいのは
「誰しも間違える」
ということ
 
重要なのは、
他人ではなく自分の中に判断の基準をもつこと
 
 
地位があるからってかんたんに
 「権威を無条件に信じるな!」
 

それだけお伝えして今日は終わりたいと思います。

広告

メンタルブロックはごみ箱へ

広告
あわせて読まれている関連記事
広告